ふるかわひであきが、日頃の出来事をただ淡々と耽々と語ります。ただ淡々と耽々と毎日続けるブログです。くじけた時も、淋しい時も、裏切られても、だまされても、いじめられても、泣かされても、平気な顔して続けます。ブログは歌とカウンセリングとSC便りを超えられるか・・
<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
こころの健康を考える 2

興味を持つ

さてさて、前回から「こころの健康を考える」という新シリーズが始まった。

こころの健康をいろいろ考えてみようと思う。

カウンセラーという仕事を長くしていると、人がこころを病んで行く時のプロセスがだんだんとわかってくる。

まず、何かに興味を持つということが無くなってくる。

何を見ても聞いてもおもしろくなくなってくる。

逆に言えば、こころが元気な人は、好奇心が旺盛で何にでも興味を抱く。

とても深刻なレベルにまでこころの元気がなくなると、最後は生きることにすら興味を持てなくなる。

そうなったらお医者さんやカウンセラーのお世話にならなくてはいけなくなる。

そうなる前に予防するのが一番効果的。

それには、こころが元気なうちに、何でも興味を持てる自分になるようにしておくといい。

何にでも興味を持てば良いを言われてもなぁ、そんなに興味を惹くものなど世の中にはたくさんないと思う人も多いと思う。

しかし、そんなことはない。

自分の身の回りには興味を惹くものであふれている。

何かに興味を持って、その事を調べてみたり、実際にそこに行ったりすると、人は元気になるから不思議な生き物だ。

興味を持つ対象は何でもいいのだ。

しかし、欲を言わしてもらえば、人間がお互いを助け合うためにこの世に存在しているものならなおさら良い。

そんなものが私の身の回りにあるのだろうかと思われるかもしれないが、ところがどっこい、生きている人間の周りには誰かに助けてもらっているものだらけだ。

要するに自分が、「これは単なる物体じゃないか」と思うのか、「あれもこれも全てが、人類が生み出した相互援助のたまものなのだ」と思えるかどうかがこころの健康に大きく影響する

例えば私はこんなものに興味を持った。

(続く・・・)

 

1月18日

ふるかわひであき

 

 

こころの健康を考える

自分を考える

1月8日の講演会「幸せに生きよう」。

講演の後、いつもよりたくさん感想をもらった。

来て頂いたみなさんに少しでも良いものが届いていれば嬉しい。

「学んだことで、良いなと思うことは誰かに教えて下さい」とお願いしておいた。

家族、友人、職場などで話したという報告をたくさん頂いた。

 

この日聞かせてもらった感想は、講演の中の「自分を客観的に観察してみる」という話にハッとしたと言う内容。

人間というものは自分だけの視点でしか物事を見たり考えたりしない習性がある。

それはそれで個人の生命維持には有効だ。

しかし、自分の考えだけだと、いつかそこから抜け出せなくなる。

そして自分というものがとても偉大で、世界の中心に君臨しているような錯覚に陥る。

あるいは、自分を過少評価し、自分などいないほうが良いのだと言う妄想に駆られる。

これなんかも自己過大評価の現れと言える。

そして多くの精神疾患の原因がここにある。

 

私は飛行機が苦手なので、旅をするときは船を利用することがある。

真冬の日本海は波が高い。

時に暴風にみまわれ、どえらい目に遭うこともしばしば。

船の揺れが半端ないと、命の危険を感じる。

もし沈没したら何百人という他の乗客と海に沈んでいくことになる。

次の日の新聞には「乗客数百人死亡」とだけ載せられ、個人の私はそこにいない。

そして何もないように時は流れ、おそらく何百年も語られることはない。

東北の震災だってもう人々の記憶から薄れているではないか。

 

自分は自分ではなく、人類であり、自然や大宇宙の一部なんだ。

 

時々こんなふうに考えてみると新しい発見がある。

自分が自分である前に人類であることを認識し、自然、大宇宙とつながり、ひとつなんだと思えた時、人は無情の幸せを感じることができる。

この幸せは他のなにものにも勝る幸せだ。

たまにそんなことを考えてみることをお薦めする。

人生とは、何か立派な人になったり、何かを成し遂げるためにあるのではなく、意識の中で自分を消して大自然と溶け合うことを学んで行くことだ。

そのことを老子は「忘我」と名付けた。

 

1月17日

ふるかわひであき

最強だ!

親子丼

私はコーンスープと同じくらいに親子丼が好きだ。

好きだから味にはうるさい。

日本全国の親子丼を食べ歩いているが、やっぱり生まれ育った京都のが一番好きかな。

私の好みはこれ。

京都には親子丼が美味しいお店がたくさんある。
お味はもちろんピンキリだ。

けどここの親子丼は外せない。

昔京都女子大学の教授に教えて頂いて以来、ずっとここの親子丼のファン。

お店の名前は「やぐら羅」さん。

もともとは京都女子大学の隣にあったのです。

今はいくつかお店があるので、ネットで調べてみて下さいね。

京阪四条駅、南座の向かい側にもありますよ。

松葉のにしんそばと迷うところですな。

京都にお越しの際にはお立ち寄りくださいね。

これが古川の好みなのかと思いながら親子丼を食べてください。

 

1月16日

ふるかわひであき

GO!GO!BEATLES!

ライブでGO!

昨年の12月、NHKで放送されたクローズアップ現代。

そこでジョンレノンについて語っていたのがこの方です。

Tommy関口さん。

私のライブにも来てはるので、見かけた方もおられるかもしれないですね。

この方のビートルズのカバーは半端なくカッコイイ。

まるでビートルズがそこにいるみたいな、そっくりな演奏。

そっくりな演奏を越えて、もはや芸術の域に達している。

う〜ん、まるで我が故郷のようなライブハウスの扉だ。

若い頃から出演したり、お客で行ったりと通いづめやもんね。

今年はこのTommy関口さんとステージに立ちます。

はてさていつになることやら・・・。

 

1月15日

ふるかわひであき

ワインには・・・

これがいい

最近お酒ネタがないから、もう飲むのをやめたのかという質問をお受けした。

とんでもないないない。

元気に飲んでおりまする。

やっぱりワインに目が行きますなぁ。

この頃はまっているのがこれです。

コーンスープ

私はコーンスープがとても好きなので、その分コーンスープのお味にはうるさいのです。

このコーンスープとセットにするのはこれ。

パンです。

パンとチーズとコーンスープ。

まさに黄金律ですなぁ。

ワインが進みます。

まさかこれ一本一人で飲むのかって?

当たり前ですやん。

2本飲むのを控えているのですよ。

ひとりで飲むので気がねなく飲めるぞ!

♪一人酒場で〜飲む酒は〜これぞ〜まことの〜くろだ〜ぶ〜し〜♪

絶好調や(^◇^)

ポテトサラダとレーズンは欠かせないおつまみだ。

う〜ん、幸せはこんなところに転がっているのだなぁ・・・。

 

1月14日

ふるかわひであき

日々精進

心の健康・文化フォーラム

カウンセラーたるもの、常に最新の情報を手に入れ、相談者の方のお役に立たなければならない。

そして自分の独りよがりにならないために、常に人の話にも耳を傾ける。

今回は国際会議場で催された心の健康・文化フォーラムに参加した。

でっかい会議場に1000人以上の人が集まる。

午前中は講演、午後は全国でがんばっている心理職の活動報告だ。

学ぶ時は結構本気モードになる。

自分も講演会をやるので、他の人のお話を聞くのはとても役立つ。

う〜む、どの話も興味深いぞ。

しかしなぁ、時間配分がよくないぞ。

最初の人が話し過ぎたから、最後の人の時間が少なくなっている。

最後の人もこの日のために一生懸命準備されてきたのだろう。

時間になっても話が止められない。

この気持ちは私にはよくわかる。

なんとか伝えたいことを全部伝えたいし、その為には、話のラストがとても重要なのに、それをカットされたらたまらない。

終了予定時刻を過ぎても終わらない話に、会場がざわめきだした。

みんな早く帰りたいのだろう。

地方から来ている人は新幹線や飛行機の時間も気になるだろうし。

1000人がざわめくと、どえらい雰囲気になった。

壇上の発表者が可哀相で仕方ない。

私は講演会&ライブの主催者側に立つことが多いので、お客さんの負担にならないような時間的配慮は不可欠だということを学んだ。

常に相手の立場に立って考えることが大切なのだ。

う〜ん、大切なことを学ばせてもらった。

え?会議の中身を学ばなかったのかって?

何を学ぶかは一期一会なのです。

 

1月13日

ふるかわひであき

 

パンケーキ2

これぞパンケーキ

なんだかんだいっても私は 今までホットケーキしか喰って来なかった。

そろそろパンケーキを喰ってもよい年齢だ。(いったいいくつから喰ってもよい年齢なんだ!)

で、パンケーキ専門店に入った。

バターとメープルシロップのホットケーキを注文したいのをぐっとこらえて、主食としてのパンケーキを注文した。

パンケーキにおかずはカレースープ。

喰ってみたら確かにパンケーキは甘くないぞ。

どっちかというとパンに近い。

けど結構美味しいな。

これならリピートできそうだ。

おっと、スープカレーはどうかな・・・。

ぐぉ〜〜〜〜!

辛い〜〜〜〜!

これはあかんわ。

スープカレーの甘口はないのだろうか?

辛いのが好きな人には良いのだろうが、私にはきついわ〜〜。

猛烈にバターとメープルシロップが恋しくなった。

 

Jちゃんママさん、おぉ!うらやましいです!久しぶりにホットケーキを作りたくなりました(^◇^)

 

1月12日

ふるかわひであき

パンケーキ

パンケーキorホットケーキ

 

パンケーキとホットケーキの違いはなんだろう?

これはなかなか難しい。

フライパンで焼くからパンケーキという説もある。

しかし、大まかな分け方としては、甘いお菓子系がホットケーキで、甘くない食事系がパンケーキという分類で良さそうだ。

ホットケーキなんて喰い物は、私の小さい頃は大丸か高島屋のレストランでしか喰えなかったぞ。

メープルシロップが大好きな私は、このメープルシロップの入った銀の入れ物とナイフとフォークを見ただけで胸がときめいた。

しかも!私が小学生の時に家でホットケーキが作れる最強のおもちゃが発売された。

ママレンジママレンジ〜エプロン付けてクッキング〜、ママレンジママレンジ〜、アサヒ玩具のママレンジ〜!

これは凄い!これさえあれば毎日あのホットケーキが喰えるのだ!

しかも子どもだけで作れるので、学校から帰ったら毎日自分でたらふくホットケーキが喰えるぞ!

そんなあほらしい妄想はすぐに、粉を溶いて、後片付けもして、いろいろ大変なんだという現実を突き付ける家族達の理不尽な意見にかき消された。

だけど、私はいまでもママレンジは子どもの想像を膨らませる良い玩具だと思うけどなぁ。

おっと、思い出にふけっている場合ではない。

今回はパンケーキを喰った話だ。

(続く)

 

1月11日

ふるかわひであき

ブログでシネマ156

笠置ROCK!

な、なんと去年の10月30日から映画を観てなかった。

フラストレーションマックスな私が今年最初に観た映画が「笠置ROCK!」

笠置町には私の知り合いの坂本ファミリーが住んでいる。

笠置町の幼稚園に講演しに行った時に、PTAの会長をしていたのが坂本君御夫婦で、そこからの長いお付き合い。

私の最新アルバム「家族の歌」の一番最後の曲「おばぁちゃん」は笠置の坂本家に出向き、蝉しぐれの中、長男のけいえいくんと長女のにこちゃんに歌ってもらって録音した。

映画が始まるとそのけいえいくんが、なんと、落語をしているシーンではないか!

そこからの映像は笠置町の風景や人物が次々に登場する。

どの景色もよく知っている。

映画は町民1400人がみんなで作っている。

私も学生の時映画を作っていたので、なんとも言えない懐かしい気持ちになれた。

知っている人が映画に出ていると、こうも興奮するものか。

スクリーンに映る坂本家の子ども達、かおりちゃんと英人君夫妻。

なんかもう、自分の子どもと孫達が出演しているみたいで思わず泣きそうになり、スクリーンに映った坂本ファミリーを抱きしめに行きそうになった自分を必死でこらえた。

おぉ!エンドロールにも坂本家の名前が出てるではないか!

「この町をリスペクトしない奴は大会にでる資格はない!」

 

みなさん、久御山イオンシネマで上映しています。

もうじき終演するので、是非観てあげてください。

結構グッときますよ。

何億円も費用をかけたハリウッド映画には出せない温かみがあります。

 

1月10日

ふるかわひであき

昨日は講演会&ライブでした

御礼

昨日は御足もとのお悪い中、講演会&ライブにお越しくださいまして誠にありがとうございました。

天気予報では大荒れでしたが、なんと晴れ間も見えてきました。

雨は降り続きましたが、小雨模様で助かりました。

何せこれだけの機材を運ばなければならないので大雨だと大変なのです。

小さな引っ越しに近いです。

楽器や音響機材は水に弱いのです。

しかも枚方市市民会館小ホールは機材搬入路がないので狭い階段を何度も往復しなければなりません。

大勢のスタッフに支えられ、無事にセッティングもできました。

「生きる理由は何か?」という壮大なテーマを、子どもでもわかるように話すのはやっぱり難しかったですが、みなさん熱心に聴いていただき、有難かったです。

私の話に「うん、うん」とうなずきながら聴いて下さるので、とても話しやすかったです。

歌もみなさんに喜んでいただき、今回も涙と笑いに包まれた温かいライブができました。

新メンバーの三上達也も大活躍!

しかし、大きな課題もできました。

 

.魯Ε螢鵐亜淵好圈璽ーから雑音が聞こえる)。

▲潺シングが上手く行かなくて、曲によっては楽器の音が大きくて歌詞が聞こえない。

 

昨日は早速いつもの楽器屋に行ってハウリング対策を考えてきました。

何事も失敗しながら上達できると信じて、さらなる精進を続けますので、次回にこうご期待です。

おしゃくれグッズもたくさんご購入いただきました。

商品はスタッフがこころを込めて作った子ども達みたいなものです。

買っていただいたおうちでがんばってお役に立つように教育してありますから、どうぞ可愛がって使ってやってくださいね。

皆様のお役に立つ講演会と、こころに響くライブを目指し、さらなる努力を続けて参りますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。

まずは御礼まで・・・

 

1月9日

ふるかわひであき