ふるかわひであきが、日頃の出来事をただ淡々と耽々と語ります。ただ淡々と耽々と毎日続けるブログです。くじけた時も、淋しい時も、裏切られても、だまされても、いじめられても、泣かされても、平気な顔して続けます。ブログは歌とカウンセリングとSC便りを超えられるか・・
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 不寛容な人々 | main | 不寛容な人々 3 >>
不寛容な人々 2

事件

昨年12月29日、滋賀県のちゃんこ料理屋で、「盛り付けが悪い!」と経営者の男性に言いがかりを付けて長時間暴行し、死亡させたとして、二人の男が傷害致死容疑で逮捕された。

 

経営者の男性は顔や頭、背中を土鍋で殴られたり、蹴られたりして、左右肺損傷で死亡した。肋骨も複数か所折れていたそうだ。

 

昨日書いたレジ袋のおじさんにしてもそうだが、人間、怒り狂うと相手を殺してしまう危険性が高い。

 

たかがレジ袋、たかがちゃんこ鍋の盛り付けだと思えるのは、冷静に考えられる時に考えているからだ。

 

誰でも怒りにコントロールされたら我を忘れてしまう。

 

レジ袋にしてもちゃんこ鍋にしても、怒るきっかけは何でも良かったんではないかとも思う。

 

怒っている人達はただ怒りたいのかもしれない。

 

それではいったい何に対して怒っているのだろう?

 

こんな時に案外役立つのが心理学。
 

複雑に思える人の心理も、丁寧にたどれば案外単純でわかりやすいエピソードの積み重ねだ。

 

名探偵ポワロが犯人を特定するかのように、心理学は怒りの原因を特定して行く。

 

それではどのように怒りの原因を探し出して行くのか。

 

次回に詳しく書く。

 

カウンセラーになりたい人も、カウンセラーなんぞに何の興味もない人も楽しみながら読んで欲しい。

 

2月7日

ふるかわひであき

COMMENT









Trackback URL
http://hurukawa.tantant.net/trackback/2460
TRACKBACK