ふるかわひであきが、日頃の出来事をただ淡々と耽々と語ります。ただ淡々と耽々と毎日続けるブログです。くじけた時も、淋しい時も、裏切られても、だまされても、いじめられても、泣かされても、平気な顔して続けます。ブログは歌とカウンセリングとSC便りを超えられるか・・
<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
<< 不寛容な人々 3 | main | トイレを考える >>
不寛容な人々 4

転移の仮説

レジ袋のおじさんやちゃんこ鍋事件の謎をフロイトが探究したら「恐らく怒り狂ってた人達には被害者に対する陰性転移があるのだろう。怒りで我を忘れた犯人に、ここ数カ月の間にすごく腹が立った出来事がなかったかどうか聞いてみるがよい」と言うだろうな。

だけどいくら怒りの原因が特定できても、亡くなられた被害者の方はもう生き返らない。

理不尽にひどく怒鳴られた人が心を回復するのには長い時間がかかる。

そして理不尽に叱られた人は高い確率で他者に対して理不尽に怒る。

怒られた人はまた他の誰かに怒りまくる。

無限のマイナスループが始まる。

現代は怒る人が多い。

みんな何かに怒っている。

キレる子ども、キレる保護者、キレる教師、キレる医者、キレる患者、キレる客・・・。

みんな決してキレてなんていない。ちゃんと怒りの要因とつながっている。

この記事の最後に私の怒りに対する対処方法を書いておく。

今のところ有効に働いているので参考にしていただきたい。

 

ゝГ

「神様、仏様、御先祖様、大宇宙様・・・(これらはみなさんの大事にしてらっしゃるものならなんでもいいです)どうか今の私にこの怒りを3日間冷凍保存する勇気と知恵を御与え下さいませ!」

 

一人で怒る

これは一人で怒りまくるだけでいい。怒鳴ったり、まくらを殴ったり、皿や茶碗を割ったり、とにかく一人で気が済むまで怒鳴ったり、暴れたり、怒りまくるのだ。誰か他の人がいる時は気が狂ったと思われるので絶対やってはいけない。だいたい30分くらいで怒りが治まってくる。

 

アンガーコントロールを歌う(知らない人は私の講演会&ライブでリクエストしてください)

 

2月9日

ふるかわひであき

COMMENT









Trackback URL
http://hurukawa.tantant.net/trackback/2462
TRACKBACK