ふるかわひであきが、日頃の出来事をただ淡々と耽々と語ります。ただ淡々と耽々と毎日続けるブログです。くじけた時も、淋しい時も、裏切られても、だまされても、いじめられても、泣かされても、平気な顔して続けます。ブログは歌とカウンセリングとSC便りを超えられるか・・
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ブログでシネマ 163 | main | 巡礼の旅 天河神社の巻 >>
ブログでシネマ 164

レッド・スパロー

こんな映画ありなんやろか?

アダルトビデオとホラー映画とバイオレンスとサスペンスと推理ドラマを混ぜたような作品。

まぁ描写がどぎついことどぎついこと。

もちろん18禁映画。

女性の裸は巧妙に隠しているが、男性の裸はまさにすっぽんぽん。

お○んた○もまる見え。

これほんまに映倫の審査通ったんやろか。

男優も勇気がいるやろうなぁ。

まぁそこそこイケメンやから興味のある人は観てみるといい。

それにしても拷問のシーンはえげつないわ。

そこらへんのホラー映画よりよっぽどおぞましいで〜。

血がわさわさ流れ出てくるし、ピュッて切られて、ピシュッて肉が裂けて、うわ〜って感じ。

うわ〜、人の身体の皮を皮むき機ではいでるし。

人間の皮膚はじゃがいもの皮とちゃうで〜。

ジェニファー・ローレンスみたいな美人女性が好みの人は嬉しくて鼻血出して失神するかもです。

推理ものとしてはなかなかよくできている。

誰が騙していて誰が騙されているのか、心理戦の連続。

生活の中にちょっと刺激が足りない方は是非ご覧あれ!

 

4月9日

ふるかわひであき

COMMENT









Trackback URL
http://hurukawa.tantant.net/trackback/2521
TRACKBACK