ふるかわひであきが、日頃の出来事をただ淡々と耽々と語ります。ただ淡々と耽々と毎日続けるブログです。くじけた時も、淋しい時も、裏切られても、だまされても、いじめられても、泣かされても、平気な顔して続けます。ブログは歌とカウンセリングとSC便りを超えられるか・・
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 歌声喫茶6 | main | ブログでシネマ 167 >>
自戒

日大アメフト

連日日大アメフトが取り上げられている。

監督、コーチの悪辣さにみんな一様に怒り、加害学生の会見に同情する。

 

だけど、この事件はいきなり起こったわけではない。

昨年に20人もの大量退部者を出している。

 

なんでこの時に大学側は原因の究明をしなかったのだろう。

私はその体質に疑問を感じる。

 

ひとりの学生が退部するならまだしも、20人は異常事態だ。

その時点で見て見ぬふりするから、こんなことになってしまう。

 

大量に人が辞めるということには、必ず大きな理由があるはずだ。

大量に保育士が辞める、大量に介護福祉士が辞める、大量に看護師が辞める・・・。

このところそんなニュースがたくさんある。

 

そして大きな事件が起こる前には、大量に人が辞めていることが多い。

大量に人が辞めるのは、火のないところに煙ではなく、火があるから煙が出ているのだ。

 

ハローワークなどの求人でもそうだが、しょっちゅう人を募集しているところは怪しい。

就職してもすぐに辞めてしまう人が多いから、すぐに募集をかけるのだ。

そこには必ず「理由」がある。

 

辞めていった人達も、事件が起こった後で「やっぱりな」なんてほくそ笑んでるようではいけない。

不正なことが目の前にって、そこから立ち去った自分も、不正を継続させてしまった当事者の一人なのだという自覚が必要だ。

 

戦うのなら、いくら辛くてもその場に留まり、戦い続けることが必要だ。

 

辞めてしまったものに発言権はない。

 

かつての私に自戒を込めて、日大の体質が回復するように祈りたい。

 

5月26日

ふるかわひであき

COMMENT









Trackback URL
http://hurukawa.tantant.net/trackback/2568
TRACKBACK