ふるかわひであきが、日頃の出来事をただ淡々と耽々と語ります。ただ淡々と耽々と毎日続けるブログです。くじけた時も、淋しい時も、裏切られても、だまされても、いじめられても、泣かされても、平気な顔して続けます。ブログは歌とカウンセリングとSC便りを超えられるか・・
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ブログでシネマ 167 | main | ワイン >>
経営戦略

若者の憧れ

ビジネスで成功し、巨万の富を稼いだ人の名言の本がよく売れている。

 

みんなお金持ちになりたいんだろうなぁ。

 

お金持ちになることは悪いことでもなんでもない。

 

そのお金でたくさんの人を幸せにできたら素敵だ。

 

そんな名言集の中で、こんな言葉を見つけた。
 

「ライバルとはいえ業界みんなで協力して、地域を盛り上げていきましょう」という意見もあるかもしれませんが、ビジネス上では、そんな話はあり得ないでしょう。この世は勝つか負けるか、どちらかしかないと思っています。

 

だけど、こんな名言を信じて突き進む若者が増えたらどうかなぁ。

 

勝つか負けるか、どちらかしかない。

 

この理屈を拡大解釈すれば、日大ラクビー部の問題が見えてくる。

 

私が子どものころには「タイガーマスク」や「巨人の星」「あしたのジョー」なんかのスポーツ根性漫画が全盛だった。

 

どのお話もフェアープレーを大切にしていた。

 

「ルール無用の悪党に、正義のパンチをぶちかませ。行け行けタイガー!タイガーマスク!」

 

「強ければそれでいいんだ。力さえあればいいんだ。ひねくれて星を見上げた僕なのさ」

 

日大のニュースを観る度に、今の若者達にタイガーマスクを読むように勧めてみたくなる。

 

5月28日

ふるかわひであき

COMMENT









Trackback URL
http://hurukawa.tantant.net/trackback/2570
TRACKBACK