ふるかわひであきが、日頃の出来事をただ淡々と耽々と語ります。ただ淡々と耽々と毎日続けるブログです。くじけた時も、淋しい時も、裏切られても、だまされても、いじめられても、泣かされても、平気な顔して続けます。ブログは歌とカウンセリングとSC便りを超えられるか・・
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 修学旅行 11 | main | シンクロの言葉 >>
修学旅行 12

ひきこもごも

A子は修学旅行に行く前は不安で心配で、できることなら行きたくなかったが、行くと様々なことを学び、経験もした。

もちろん感想は個人により違うだろう。

ちっともおもしろくなかった子もいるだろうし、辛い思いをして、こんなことなら行かなかったら良かったと思った子もいるだろう。

教室にしても、修学旅行にしても、嫌な場所に行かない権利は子どもにもある。

それを無理に行かせることが是か非かはよくわからない。

ただ、カウンセラーとして思うのは、ちょっとした配慮と安心を与えてあげれば、行ける子は多いと思う。

しかし、いかんせん、学校は限られた人員の中でしか動けない。

何か良い方法はないものか・・・。

そうだ!名案があるぞ!

カウンセラーを修学旅行に連れて行くのだ!

不安の強い子や孤独な子のグループにはカウンセラーが付くのだよ。

あぁ、そんな提案を何十年も前からしているのだが、いまだに実現しない。

どこからも予算が出ないのだそうだ。(そりゃそうだろうなぁ・・・)

あぁぁぁぁぁぁ・・・・。

あぁぁぁぁぁぁ・・・・。

 

「ほんまは古川先生も修学旅行に行きたいだけなんじゃありませんか?」という声が聞こえてきそうだ。

 

なんでわかったんやろう・・・。

 

6月12日

ふるかわひであき

COMMENT









Trackback URL
http://hurukawa.tantant.net/trackback/2585
TRACKBACK