ふるかわひであきが、日頃の出来事をただ淡々と耽々と語ります。ただ淡々と耽々と毎日続けるブログです。くじけた時も、淋しい時も、裏切られても、だまされても、いじめられても、泣かされても、平気な顔して続けます。ブログは歌とカウンセリングとSC便りを超えられるか・・
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 修学旅行 12 | main | ブログでブック >>
シンクロの言葉

いつものお寺でのお言葉シリーズ。

今回はこれです。

 

私の生き方は

 

私に対する相手の態度が

 

私の鏡となってあらわれる

 

生きていると嫌な奴に出会うことも結構ある。

仏教では「怨憎得苦」という。

なんかこの人嫌いだなぁとか、なんで私につっかかってくるのかなぁ、とか。

そういう時は、憎い相手は実は自分なのだ。

 

相手の中に見ている嫌な面は、自分の中にある嫌な面と同じなのだ。

だから自分の中に嫌な面がいっぱい増えると、生きて行く上で嫌な人と出会う確率がどんどん上がる。

しまいには世の中敵だらけになってしまう。

 

世の中は嫌な人間だらけだ・・・。

こんなふうに思う時は自分の中のいやらしい心やさもしい心を見直してみるのがいい。

そこに変化が現れた時に出会う人は、きっと生涯大切な人となるだろう。

 

相手を批判、避難したくなる時には、まず自分を見直す。

う〜ん、簡単そうで難しい。

 

6月13日

ふるかわひであき

COMMENT









Trackback URL
http://hurukawa.tantant.net/trackback/2586
TRACKBACK