ふるかわひであきが、日頃の出来事をただ淡々と耽々と語ります。ただ淡々と耽々と毎日続けるブログです。くじけた時も、淋しい時も、裏切られても、だまされても、いじめられても、泣かされても、平気な顔して続けます。ブログは歌とカウンセリングとSC便りを超えられるか・・
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< シンクロの言葉 | main | なんかおる >>
ブログでブック

お断り

本を誰かに勧めるのは大変難しい。

自分は面白くても、勧められた人はどう思うかわからない。

私のお気に入りの本を誰かに勧めたら、その感想を聞きたくなるのも人情だ。

貸された相手は、私を傷付けないように言葉を選ぶ。

そんなやり取りは少なからずお互いを疲れさせる。

 

が、しかし。私のブログの中で私がひとりつぶやく分には許されるだろう。

ブログも本も私の意思や了解を問わずに閲覧できるのだから。

なので、もし私がブログで紹介する本を買われたとしても、その結果は自己責任ということでお願いしたい。

 

さて、記念すべき第一回ブログでブックで紹介するのはこれ。

 

「スティッチ」

作者のデイビット・スモールを知っている日本人は少ない。

しかし世界的には超有名なイラストレーターだ。

その人の自伝を漫画にしたのがこの本。

青土社から発売されていて、2600円もする分厚い漫画だ。

先に断っておくが、ドラえもんやワンピースなんかの漫画とは全然違う品物。

だから、日本のその手の漫画を期待してはいけない。

内容はネタばれになるから書かないが、人の心を深く理解したい人や心理に興味のある人にはお薦め。

人の心の理解には大いに役立つ。

イラストレーターが描いているのだから当たり前だが、どの絵もアートしているように思える。

絵やイラストがまるでダメな私でも、この作品の底力は理解できる。

読んだあと、人間の心の音が聞こえて来そうな作品だ。

 

6月14日

ふるかわひであき

COMMENT









Trackback URL
http://hurukawa.tantant.net/trackback/2587
TRACKBACK