ふるかわひであきが、日頃の出来事をただ淡々と耽々と語ります。ただ淡々と耽々と毎日続けるブログです。くじけた時も、淋しい時も、裏切られても、だまされても、いじめられても、泣かされても、平気な顔して続けます。ブログは歌とカウンセリングとSC便りを超えられるか・・
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< なんかおる | main | なんかおる 3 >>
なんかおる 2

違いはなんだ?

ナメクジとカタツムリの違いはなんだろう?

殻があるかないかは一番わかりやすい。

それじゃぁ、カタツムリの殻を取ったらナメクジになるのだろうか?

それがそうはならない。

カタツムリの殻は身体の一部なのだ。

だからヤドカリみたいに貝を探して引っ越したりできない。

カタツムリの殻は自分の身体から石灰質を分泌して作っている。

つまり、カタツムリの殻は、人間の皮膚や爪や髪の毛みたいに自分の体の一部。

だから、これをはがしたら死んでしまう。

良い子のみなさんはいくら興味をもってもカタツムリの殻を無理にはがしたらダメだぞ〜。

ではカタツムリとナメクジはどっちが先に生まれたんだろう・・・。

実はカタツムリもナメクジもどっちも貝の仲間で、カタツムリが先に生まれている。

カタツムリが進化したものがナメクジなのだ。

だからナメクジの背中には薄い殻を持つ種類もいる。

なんで進化したのかは諸説ある。

動きやすい、敵から逃げやすい、狭い所にでも侵入できる・・・。

 

6月16日

ふるかわひであき

COMMENT









Trackback URL
http://hurukawa.tantant.net/trackback/2589
TRACKBACK