ふるかわひであきが、日頃の出来事をただ淡々と耽々と語ります。ただ淡々と耽々と毎日続けるブログです。くじけた時も、淋しい時も、裏切られても、だまされても、いじめられても、泣かされても、平気な顔して続けます。ブログは歌とカウンセリングとSC便りを超えられるか・・
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 都会にも | main | なすび >>
ブログでブック 3

お断り

本を誰かに勧めるのは大変難しい。

自分は面白くても、勧められた人はどう思うかわからない。

私のお気に入りの本を誰かに勧めたら、その感想を聞きたくなるのも人情だ。

本を貸された相手は、私を傷付けないように言葉を選ぶ。

そんなやり取りは少なからずお互いを疲れさせる。

 

が、しかし。私のブログの中で私がひとりつぶやく分には許されるだろう。

ブログも本も私の意思や了解を問わずに閲覧できるのだから。

なので、もし私がブログで紹介する本を買われたとしても、その結果は自己責任ということでお願いしたい。

 

さて、今回紹介するのはこれ。

 

だいじょうぶ 自分でできる怒りの消化法ワークブック

人間誰しもいらいらする時がある。

それは年齢に関係ない。

大人も子供もイライラする。

親がイライラする性格だと子どももイライラする性格になることが多い。

そうなると親も子もイライラする毎日になる。

親子でイライラすると、親も子もそれを外に出し始める。

親は職場や自分の人間関係の中で、子どもは学校で。

怒りをいうものは人間を苦しめる大きな要因だ。

こいつに向き合う必要がある。

そこで私は親子面接でこの本を使う。

もちろん私がコーチとしてトレーニングする。

効果のほどは個人差があるが、多くはやって良かったと言われる。

それは本の内容もさることながら、親子の会話が弾むことも関係する。

怒りという感情に日夜向き合う私は「アンガーコントロール」という歌も作った。

またライブ会場で聞いてください。

 

7月16日

ふるかわひであき

COMMENT









Trackback URL
http://hurukawa.tantant.net/trackback/2619
TRACKBACK