ふるかわひであきが、日頃の出来事をただ淡々と耽々と語ります。ただ淡々と耽々と毎日続けるブログです。くじけた時も、淋しい時も、裏切られても、だまされても、いじめられても、泣かされても、平気な顔して続けます。ブログは歌とカウンセリングとSC便りを超えられるか・・
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< なすび | main | 関係行政論 >>
ビール

お薦め

ブログでビールのことを書いていると、お薦めのビールを教えて欲しいと尋ねられることがある。

私はそんなにビール通ではない。

ビールが好きなだけで、どちらかというとうんちくは好まない。

飲んでみて、「あ、これは美味しいな」という感覚だけは大事にしている。

何年もののどこそこ地方のどの麦の品種で・・・、なんてのは飲んでしまえばどうでもよくなる。

そう言う意味ではたちの悪いビール好きかもしれない。

なんとでも言えばいいのさ。

言いたい奴には言わせておけばいい。

おいしくたのしく飲めれば別にビールでなくたってワインでも焼酎でもジンでも構わない。

それでもあえてお薦めするとしたらこれかな。

プレミアムモルツの黒。

プレミアムモルツでなくても黒ビールであれば良い。

詰まる所、私は普通のビールよりも黒ビールの方が好きということだ。

左側が黒ビールで右側が普通のビール。

なんで色が違うのかというと、使っている麦が違うから。

普通の色のビールはピルスナーといって、淡色麦芽を使っているが、黒ビールは濃色麦芽を使っている。

どちらの味が好きかは好みの問題。

 

ビールはこのように使用する麦の色で分けられる他に醸造方法でも分けられる。

ビールは酵母と言う微生物を発酵させて作る。

酵母菌(生きている)が糖分を食べてアルコールと炭酸ガスに分解する。

この発酵の仕方に3種類ある。

 

上面発酵 

古くからのビールの造り方。酵母が麦汁の表面に浮き上がっていくのでそう呼ばれる。常温〜やや高温で発酵し、発酵期間は3〜4日。(その後の熟成期間は約2週間) 

 

下面発酵 

中世以降始まった造り方。酵母がタンクの底に沈んでいくのでそう呼ばれる。5度前後の低温で発酵し、発酵期間は7〜10日。(熟成期間は約1ヶ月) 

 

自然発酵 

培養されていない野生酵母を使った造り方。今では数多くは造られていない。代表的なものはベルギーの「ランビック」という種類(スタイル)のビール。日本では岩手県のブリュワリー「いわて蔵ビール」が造っている。

 

上面発酵は「エール」と言われ、下面発酵は「ラガー」と言われる。

キリンラガービールというのは、キリンが販売している下面発酵のビールと言う意味だ。

誰だ!ラガービールをラクビー選手が飲むビールと勘違いしてたのは!

すいません、私(古川)です。

 

7月18日

ふるかわひであき

COMMENT









Trackback URL
http://hurukawa.tantant.net/trackback/2621
TRACKBACK