ふるかわひであきが、日頃の出来事をただ淡々と耽々と語ります。ただ淡々と耽々と毎日続けるブログです。くじけた時も、淋しい時も、裏切られても、だまされても、いじめられても、泣かされても、平気な顔して続けます。ブログは歌とカウンセリングとSC便りを超えられるか・・
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 統計 2 | main | これが青春だ! >>
統計 3

朝食

次の統計は朝食調査。

これまた見えにくくてすいません。

この中学校では、3年生で朝食を取らない子どもの割合は10.3%。

全国平均は6.2%なので、かなり高い数字と言える。

たかが朝飯、されど朝飯。

意外に思われるかもしれないが、ゲームの時間や就寝時間、運動量、朝食を食べるか食べないかは不登校、引きこもりと連動している。

退屈と運動不足が生活習慣を夜型にして、朝起きることが苦手になる。

これは鬱病の発症にも連動している。

たったひとつの原因で不登校や引きこもり、鬱病になることはない。

いくつもの複合要因が考えられる。

要因を全部数え上げるのは大変だし、そうしたところであんまり解決に役立たない。

でも対策にしても予防にしても小さな変化なら起こせる。

せめて義務教育期の間までは、子どもに朝食を食べさせる習慣をつけさせたい。

思春期になってから食べさせようとしても、反抗期でもあり難しい。

習慣を付けるなら小学校の間がいいと思う。

大人の人も遅すぎることはない。

たかだか朝食を食べるという習慣だけで鬱病の予防になるなら安いものだ。

 

7月24日

ふるかわひであき

COMMENT









Trackback URL
http://hurukawa.tantant.net/trackback/2627
TRACKBACK