ふるかわひであきが、日頃の出来事をただ淡々と耽々と語ります。ただ淡々と耽々と毎日続けるブログです。くじけた時も、淋しい時も、裏切られても、だまされても、いじめられても、泣かされても、平気な顔して続けます。ブログは歌とカウンセリングとSC便りを超えられるか・・
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 今日は私の | main | 空飛ぶタイヤのようなものが >>
ブログでシネマ169

空飛ぶタイヤ

忙しくてなかなか映画を観れない。

とうとう月に一度の観賞ペースになってしまった。

趣味なので別にどうってことないのだが、人生楽しみは多い方が良い。

それにしても随分見逃した映画があるぞ。

ま、仕方ない。

で、今回は映画仲間N田君御推薦の「空飛ぶタイヤ」。

N田君の推薦なら間違いないのだが、なにせ観に行く時間がない。

けれど公開期間ギリギリセーフで間に合った。

 

テーマは人間性ということだろうか。

巨大自動車メーカーのリコール隠しで人が死ぬ。

この自動車メーカーは財閥企業なのでその権力は絶大。

政治家もマスコミも銀行もつぎつぎに黙らせて行く。

 

そこに立ち向かう普通の人々。

一人ひとりは何の力もない人達が巨大な力に立ち向かっていく。

 

ストーリーとしたらよくある冒険活劇やヤクザ映画と同じようなものだが、そこに流れる「倫理」と「欲」にからまれた人間性の描写はぐいぐい観るものを惹きつける。

 

キャストも豪華だし。娯楽映画としては申し分ない。

 

が、しかし私はこの映画のある出来事に深く感情移入してしまった。

(明日へ続く・・・)

 

7月28日

ふるかわひであき

COMMENT









Trackback URL
http://hurukawa.tantant.net/trackback/2630
TRACKBACK