ふるかわひであきが、日頃の出来事をただ淡々と耽々と語ります。ただ淡々と耽々と毎日続けるブログです。くじけた時も、淋しい時も、裏切られても、だまされても、いじめられても、泣かされても、平気な顔して続けます。ブログは歌とカウンセリングとSC便りを超えられるか・・
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 桃 | main | ブログでシネマ 171 >>
桃と言えば

桃太郎

桃を食べる時にいつも桃太郎のお話を思い出していろんなことを考えてしまう。

,發靴眞罎謀軋析困いたら、まっぷたつに切ってしまったら桃太郎まで切ってしまうかもしれない。

そんな残酷なことはしたくない。

桃太郎に出てくるおばぁさんは、桃を切ってから皮をむくのだろうか、皮をむいてから桃を切るのだろうか・・・。

もしも桃太郎が出てきたら、養育権は誰が持つのだろうか?もしも桃太郎が迷子という扱いになるのならとりあえず警察に届ける必要があるのだろうか?
い發靴眦蹐ら生まれて来た子どもに浦島太郎と名付けたら、鬼退治に行かずに竜宮城へ行ったのだろうか?その場合、犬と猿と雉はどうすればいいのだろうか?

 

イじぃさんとおばぁさんは桃太郎に正しい道徳教育をしていたのだろうか?もしも正しい道徳観を教えていたのなら、ダンゴというわずかな資本で買収し、鬼退治という命がけの仕事をさせる行為は実行されただろうか?

刃物を振り回し、無断で鬼の領地をぶんどった桃太郎の行為は明らかに侵略行為であり、国際法上許されないのではないだろうか?

Гじいさんとおばぁさんの老後の介護は桃太郎がしたのだろうか?

 

う〜ん、いらんこと考えんと冷たいうちにさっさと喰ってしまおう!

 

いただきま〜す!

 

8月11日

ふるかわひであき

COMMENT









Trackback URL
http://hurukawa.tantant.net/trackback/2646
TRACKBACK