ふるかわひであきが、日頃の出来事をただ淡々と耽々と語ります。ただ淡々と耽々と毎日続けるブログです。くじけた時も、淋しい時も、裏切られても、だまされても、いじめられても、泣かされても、平気な顔して続けます。ブログは歌とカウンセリングとSC便りを超えられるか・・
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 終わったー! | main | まだまだありました >>
まだありました

不二家

私が小さい頃は「不二家」といえば夢と憧れのお店だった。

昔は京都の河原町三条の角に不二家のお店があった。

そこから少し南に歩くと映画館が二軒あり、アニメ映画や怪獣映画を上映していた。

映画を観た帰りにこの不二家でお菓子を買ってもらうのが下町のぼんぼんの最高の楽しみだった。

目指すはこれだ!

パラソルチョコレート!

これが好きで好きで好きで好きで。

傘のとがった先からレロレロレロレロなめながら食べるのが最高。

レロレロレロレロなめるうちによだれもレロレロ出てくるのだが、そんなことは気にしない。

三本か四本食べたら、パラソルの取っ手の部分をしゃくれたアゴの下の歯にひっかけて遊ぶのだ。

その顔を鏡で見たら、どんな悲しいことがあっても笑えた。

あ、そうだ!今もやってみよう!

その写メが取れたらこのブログでアップするのでお楽しみに!

当時から思っていたのだが、どうして傘が開いたところのパラソルチョコレートを作らないのだろう・・・。

 

花梨さん、メッセージありがとうございます。日々穏やかにと思っているのですが、日々波間に漂うブイのように浮き沈みしております>゜)))彡

 

9月16日

ふるかわひであき

COMMENT









Trackback URL
http://hurukawa.tantant.net/trackback/2682
TRACKBACK