ふるかわひであきが、日頃の出来事をただ淡々と耽々と語ります。ただ淡々と耽々と毎日続けるブログです。くじけた時も、淋しい時も、裏切られても、だまされても、いじめられても、泣かされても、平気な顔して続けます。ブログは歌とカウンセリングとSC便りを超えられるか・・
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 電力は足りている | main | 講演会な日々 >>
電力は足りている?

もうひとつの理由

今年の夏に電力不足にならなかった理由の第一位は太陽光発電の普及。

第二位はやっぱりこれだった。

原子量発電所の再稼働。

やっぱりなぁ。そうやと思ったわ。

太陽光発電の電力量と原発の電力量を詳しく比較したデータを調べてみないと分からないが、どう考えても原発の発電量の方が大きいだろう。

電気の話題にはなるべく触れず、静かに静かに原発を再稼働させている。

国民の多くは喉元過ぎれば熱さを忘れるの例え通り、福島の事故がもはや風化しかけている。

おまけに問題なく暑い夜にエアコンが使えれば、みんな文句言わない。

しかし、ヨーロッパ諸国では、原発を再稼働させた日本政府に批難の声があがっている。

被災した住民の救済も満足にできていないのに、さらなる原子力発電依存。

環境省は東北の原発による汚染土を、農地や公園の造成に使う方針を出した。

つまり、汚染度の持って行き場所がもうないということなのだろう。

農地は花の栽培に限られるということだが、あっというまに食用の畑にも利用されそうだ。

公園は子ども達が遊ぶ場所。

福島の子ども達の甲状腺異常のデータを持ってないわけなかろうに。

 

9月20日

ふるかわひであき

COMMENT









Trackback URL
http://hurukawa.tantant.net/trackback/2686
TRACKBACK