ふるかわひであきが、日頃の出来事をただ淡々と耽々と語ります。ただ淡々と耽々と毎日続けるブログです。くじけた時も、淋しい時も、裏切られても、だまされても、いじめられても、泣かされても、平気な顔して続けます。ブログは歌とカウンセリングとSC便りを超えられるか・・
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 友を失くす 3 | main | 友を失くす 5 >>
友を失くす 4

悲嘆反応

関係の深い人を亡くすと、行動にも異変が起こる。

これを「行動的反応」という。

行動的反応とは次のようなことをいう。

 

動揺、緊張、落ち着かない

疲労

過活動

探索行動

涙を流す、むせび泣く、泣き叫ぶ

社会的ひきこもり

 

動揺と落ち着かない気持ちはかなり大きい。

彼の思い出の写真や物品などを探そうとする反面、まだ見たくない思いもある。

涙を流す、むせび泣く、泣き叫ぶ・・・これができたら楽なんだろうけど、直後は涙も出ない。

 

「行動反応」と連動して「生理的、身体的反応」というのも出てくる。

「生理的、身体的反応」とは

 

食欲不振

睡眠障害

活力の喪失、消耗

身体愁訴(不定愁訴ともいう。頭痛や吐き気などいろんな症状が出るけれど医学的には問題がない状態)

故人の症状に類似した身体愁訴

免疫機能は内分泌機能の変化

病気の罹りやすさ

 

う〜ん、こんなふうに思うと、人間と言う生き物がいかにメンタルに左右され、メンタルの弱い生き者なのだということがわかる。

 

9月27日

ふるかわひであき

 

COMMENT









Trackback URL
http://hurukawa.tantant.net/trackback/2693
TRACKBACK