ふるかわひであきが、日頃の出来事をただ淡々と耽々と語ります。ただ淡々と耽々と毎日続けるブログです。くじけた時も、淋しい時も、裏切られても、だまされても、いじめられても、泣かされても、平気な顔して続けます。ブログは歌とカウンセリングとSC便りを超えられるか・・
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 友を失くす 4 | main | 友を失くす 6 >>
友を失くす 5

悲嘆反応

このように残されたものを苦しめる悲嘆反応だが、実は大切な反応でもある。

悲嘆反応が全くないと、後になってから鬱病を患う危険性が高まる。

 

悲嘆反応が出ている時に 心を守る有効な対策として、お通夜、葬式、初七日、追悼ミサなどの行事がある。

悲しい時はなるべくたくさんの人と悲しみを共有し、食べて飲んで故人を偲ぶことが、心を守るためにとても大切なのだ。

 

文化の違いで、葬式もいろいろ。

陽気なジャズを演奏したり、何日も踊り狂ったり、河に流したり、樹の中に埋めたり・・・。

やり方は違っても、どれも悲嘆反応から心を守る大切な儀式と言える。

 

亡くなった友人は浄土真宗の僧侶だった。

一緒に大谷大学で仏教を学んだ同朋だ。

彼の供養はやはりここしかないと思った。

大谷本廟。

浄土真宗大谷大学のホームグランド。

大学に入学するとオリエンテーションでまず全員ここを訪れる。

彼も同じ年にここに来たのだ。

まさかあの時はこんな日が来るなんて夢にも思わなかった。

 

9月28日

ふるかわひであき

COMMENT









Trackback URL
http://hurukawa.tantant.net/trackback/2694
TRACKBACK