ふるかわひであきが、日頃の出来事をただ淡々と耽々と語ります。ただ淡々と耽々と毎日続けるブログです。くじけた時も、淋しい時も、裏切られても、だまされても、いじめられても、泣かされても、平気な顔して続けます。ブログは歌とカウンセリングとSC便りを超えられるか・・
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 決断するカウンセラー | main | 朝飯を食うカウンセラー >>
旅立つカウンセラー

さぁ出発だ!

私とひでぼんとうーちゃんを載せたおしゃくれ号の行き先は埼玉県川越市・・・ではなく、今回は岐阜県。

なんで岐阜県かというとちゃんとお勉強の意味がある。

何の勉強かはおいおい判明するのでお楽しみに。

早朝に出発したので、高速道路のSAで朝食タイム。

ひでぼん「やぁ、おはよう。君は誰だい?」

たぬ吉「おはよう。僕はたぬ吉だよ。みなさんにつまようじを配るのが僕の仕事なのさ」

ひでぼん「へー、働いてるんだ。偉いね」

たぬ吉「だって働かないと親分に叱られるんだよ」

ひでぼん「親分たぬきがいるのかい?」

たぬ吉「そうだよ。とっても大きくて強いんだ。ところで君はギターを弾けるのかい?」

ひでぼん「まぁ、それが僕の人生さ」

たぬ吉「え?人生って?」

ひでぼん「旅をしながらギターを弾いて歌うのさ。そして人生で大切なものは何かを自分自身に問う。そうすることで真実が見えてくるんだ」

たぬ吉「え?どういうこと?僕にも教えてくれないかな?」

ひでぼん「そうだな、大切なのは自分のしたいことを自分で知ってることだよ」

たぬ吉「へー、君って凄いね!尊敬しちゃうな。なんだか君のことが神様みたいに思えてきちゃったよ」

ひでぼん「あんまり誰かを崇拝したら、ホントの自由は、得られないんだぜ」

たぬ吉「そうだよね。今旅の途中なんでしょ。荷物は何もないの?」

ひでぼん「長い旅行に必要なのは大きなカバンじゃなく、口ずさめる一つの歌さ」

私「お前はスナフキンか!!」

 

11月1日

ふるかわひであき

COMMENT









Trackback URL
http://hurukawa.tantant.net/trackback/2728
TRACKBACK