ふるかわひであきが、日頃の出来事をただ淡々と耽々と語ります。ただ淡々と耽々と毎日続けるブログです。くじけた時も、淋しい時も、裏切られても、だまされても、いじめられても、泣かされても、平気な顔して続けます。ブログは歌とカウンセリングとSC便りを超えられるか・・
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< あいさつするカウンセラー | main | 休憩するカウンセラー >>
歯を抜いたカウンセラー

とうとう抜いた

もう20年以上抜かずに我慢していた右上の奥歯。

疲れや寝不足になると、とたんにうずき出す。

レントゲンで見ると、歯ぐきの中で歯が4つに割れているらしい。

このまま置いておいてもろくなことにはならないと言われたのが5年前。

それからだましだましここまで引っ張ったが、もう限界のようだ。

そして、抜いた。

歯を抜くのは親知らず以来30年ぶりくらい。

麻酔のあとは何も分からないが、抜く時はグルグリと抜いている感触がある。

抜歯も無事終わり、後はブリッジを装着する。

しばらくは薬を入れて化膿を防ぐ。

その間、歯は抜けたまま。

たかが奥歯一本だが、これがたまらん苦痛だ。

左だけで噛んでも美味しくないぞ。

私は食べることが好きなので、かなりこたえる。

あぁ、幸せというのは全部の歯でしっかりと食物を噛み、味わうことなのだ。

失くして初めて気がつく幸福がたくさんあるのに、普段はちっとも感謝しないなぁ。

だからこうして時々不自由な思いをさせて、感謝や御礼、謙虚さを学ばせてもらえるのだろう。

あぁ、それにしてもガツガツと喰いたい。

今の望みはただそれだけ。

たかが奥歯一本でもこんなに苦しい。

毎日お粥とか麺類とか柔らかい物が続く。

アルプスの少女ハイジに出てくるおばぁさんの気持ちが良くわかる。

「アルプスの少女ハイジ おばさん 白パン」の画像検索結果

あぁ、一度でいいから柔らかい白パンが食べたい。

 

11月4日

ふるかわひであき

 

COMMENT









Trackback URL
http://hurukawa.tantant.net/trackback/2731
TRACKBACK