ふるかわひであきが、日頃の出来事をただ淡々と耽々と語ります。ただ淡々と耽々と毎日続けるブログです。くじけた時も、淋しい時も、裏切られても、だまされても、いじめられても、泣かされても、平気な顔して続けます。ブログは歌とカウンセリングとSC便りを超えられるか・・
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< パンケーキを喰うカウンセラー | main | 学ぶカウンセラー >>
観光するカウンセラー

妻籠宿

妻籠宿は中山道三大宿場町のひとつ。

江戸時代の希少な街並みを住民が守ってきた。

街道沿いには伝統建築家屋が連なり、古民家を利用した趣のある店舗が点在。

目的のある旅なのだが、私は寄り道、観光、珍しい景色が大好きなのですぐにふらふらと彷徨う。

特に歴史を感じる古い街並みには興味を惹かれる。

街道全体がまるで江戸時代にタイムスリップしたみたいだ。

時代劇のセットや東映太秦映画村を思いだすが、これは本物の建築物

このあたりは寺下地区と呼ばれ、妻籠宿で最初に保存事業が行われた地域。

妻籠宿の原点でもあり、今も人々が生活しながら、江戸時代の街並みを守り続けている。

 

11月16日

ふるかわひであき

COMMENT









Trackback URL
http://hurukawa.tantant.net/trackback/2743
TRACKBACK