ふるかわひであきが、日頃の出来事をただ淡々と耽々と語ります。ただ淡々と耽々と毎日続けるブログです。くじけた時も、淋しい時も、裏切られても、だまされても、いじめられても、泣かされても、平気な顔して続けます。ブログは歌とカウンセリングとSC便りを超えられるか・・
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 観光するカウンセラー | main | 妻籠郵便資料館 >>
学ぶカウンセラー

庶民の旅籠

この街道は本当に飽きない。

いろんな昔ながらの家屋が並んでいる。

おそらく旅人宿だろう。

江戸時代中期の安宿、木賃宿ともいわれる。

わらじを脱ぎ、足を洗う小娘がいまにも「いらっしゃ〜い」と言いながら出てきそうだ。

宿場町を火災から守るための防火設備がいたるところにあった。

女性でも扱いやすいように、軽くしてあるのだそうだ。

作りや見た目はレトロだが、ちゃんと現実に機能している。

 

「妻籠宿防火設備」の画像検索結果

これなんかはデザインもいいなぁ。

可愛い感じがして好きだ。

 

11月17日

ふるかわひであき

 

COMMENT









Trackback URL
http://hurukawa.tantant.net/trackback/2744
TRACKBACK