ふるかわひであきが、日頃の出来事をただ淡々と耽々と語ります。ただ淡々と耽々と毎日続けるブログです。くじけた時も、淋しい時も、裏切られても、だまされても、いじめられても、泣かされても、平気な顔して続けます。ブログは歌とカウンセリングとSC便りを超えられるか・・
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 目覚める人形 | main | 再び観光するカウンセラー >>
感動したカウンセラー

エッセー

このお母さんとは長年にわたり、文章を書くという共通の趣味でお付き合いして頂いている。

今までにも、書かれたいくつもの投稿が新聞や雑誌に掲載された。

私も文章を書くのが好きなので、随分お手本にさせて頂いている。

今回のエッセーも秀逸だ。

ご本人の許可を頂いたので、みなさんにも是非読んで頂きたい。

 

「お母さん、もう寝よー」

現在、21歳の長女と19歳の長男は、10歳ぐらいまで寝る時間になると、必ず私に声を掛けてきました。

 その呼び掛けに応え、私は家事の手を止めて、一緒に布団に入ります。

子ども達が寝るまで、おしゃべりしたり、布団の上でごろごろしたり、本当に楽しい時間でした。

 わが家は、子どもたちが幼い頃から、ひとり親家庭です。

当時の私は家事と仕事に加え、資格取得のため、看護学校に通っていました。

 子どもたちが寝た後は、残りの家事や看護学校の課題に追われる日々。

疲れ切って、私の方が先に寝てしまうこともありました。

 そうした中、子どもたちから手紙をもらいました。

 そこには、「勉強、がんばってね」「休けいもしつよう(必要)」との言葉と、私の似顔絵が描かれていたのです。

子どもたちの気持ちがうれしくて、その時の感動は今も忘れられません。

 家庭で一緒に過ごした時間は、他の家庭よりも少なかったかもしれません。

 しかし、子どもたちとの思い出は、私にとってかけがえのない宝物となっています。

子どもたちに、心からの感謝を伝えたいです。

「お母さんにすてきな時間をくれて、本当にありがとう!」

 

「ニードルフェルト うさぎ」の画像検索結果

人間もうさぎも子育ては大変だけど、子どもたちに救われることもありますね。子育て中のお母さん達、一緒にがんばりましょうね。

ウーちゃんママより

 

11月23日

ふるかわひであき

COMMENT









Trackback URL
http://hurukawa.tantant.net/trackback/2750
TRACKBACK