ふるかわひであきが、日頃の出来事をただ淡々と耽々と語ります。ただ淡々と耽々と毎日続けるブログです。くじけた時も、淋しい時も、裏切られても、だまされても、いじめられても、泣かされても、平気な顔して続けます。ブログは歌とカウンセリングとSC便りを超えられるか・・
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 感動したカウンセラー | main | 驚くカウンセラー >>
再び観光するカウンセラー

南木曽町博物館

明治10年(1877年)建造の脇本陣奥谷と、江戸時代後期の間取り図をもとに復元された妻籠宿本陣、南木曽町の歩みを紹介する歴史資料館の3館からなる博物館。

脇本陣奥谷では島崎藤村の初恋のモデル「ゆふ」の愛用品も展示されている。

まるで江戸時代にタイムスリップしたような本陣。

庶民の暮らしが伺える。

本陣はお殿様を迎える宿だが、参勤交代のない暇な時には、造り酒屋などを副業として営むことを許されていたようだ。

本陣の中の様子は語り部さんが案内してくれる。

この説明が実に丁寧でおもしろい。

ここの語り部さんは超お薦め。

人によるのかもしれないが、私を案内してくれた人はとても親切で良かった。

いろりから出るすすで黒光りした神棚。

すすのお陰で白アリからの被害もなく、長持ちするそうだ。

当時の暮らしは、まさに神や仏とともにあったのだろう。

 

11月24日

ふるかわひであき

COMMENT









Trackback URL
http://hurukawa.tantant.net/trackback/2751
TRACKBACK