ふるかわひであきが、日頃の出来事をただ淡々と耽々と語ります。ただ淡々と耽々と毎日続けるブログです。くじけた時も、淋しい時も、裏切られても、だまされても、いじめられても、泣かされても、平気な顔して続けます。ブログは歌とカウンセリングとSC便りを超えられるか・・
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 再び観光するカウンセラー | main | お殿様になりたかったカウンセラー >>
驚くカウンセラー

囲炉裏の秘密

造り酒屋を兼ねたこの本陣には立派な囲炉裏がある。

メガネのお父さんの座っているところだけに足を置く台がある。

一家の大黒柱であるお父さんは上座。

風通しを計算された囲炉裏なので、お父さんには灰や火の粉がかからないような仕組みになっている。

お父さんの左右には畳が敷かれ、お姑さんお舅さん、長男、お嫁さんとかの大人が座る。

お父さんの真向かいは子どもが座るのだが、そこには畳はなく、板の間に座らせられる。

今なら児童虐待で通報されそうな具合だが、子どもは足の痛い板の間で「忍耐」を学ばされた。

家族内の明確な上下関係。

封建主義のにおいがぷんぷんするが、親や教師を友達のように呼び捨てにする現代の方が、江戸時代に比べてはるかに優れている家族システムである・・・とは言い難い部分もあるなぁ。

そんなことも語り部さんはおもしろおかしく語ってくれた。

 

11月25日

ふるかわひであき

COMMENT









Trackback URL
http://hurukawa.tantant.net/trackback/2752
TRACKBACK