ふるかわひであきが、日頃の出来事をただ淡々と耽々と語ります。ただ淡々と耽々と毎日続けるブログです。くじけた時も、淋しい時も、裏切られても、だまされても、いじめられても、泣かされても、平気な顔して続けます。ブログは歌とカウンセリングとSC便りを超えられるか・・
<< February 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
<< 回想法 14 | main | 回想法 16 >>
回想法 15

世情1960年代 3

コント55号。

欽ちゃんと二郎さん。

どこのチャンネルを回しても必ず出ていたような気がする。

二郎さんの計算していないような天然ボケに欽ちゃんが容赦なくつっこんでいく。

関西のどつき、しゃべくり漫才は舞台の中央に二人が並び、あまり動かないのだが、55号はしゃべくりながら、体当たりしながら舞台全体を使って笑いを誘う。

 

「コント55号 良い子悪い子普通の子」の画像検索結果

欽ちゃんの相手の面白さを引き出す能力は天才的だ。

二郎さんのみならず、いろんなタレントさんの面白さをほじくりだして行く。

欽ちゃんのドンといってみよう!いわゆる欽ドンはその良い例だ。

「コント55号 良い子悪い子普通の子」の画像検索結果

欽ちゃんファミリーと呼ばれたタレントさんたちが大勢いた。

 

「コント55号 良い子悪い子普通の子」の画像検索結果

ヒットした歌、欽ドンの本も大流行した。

 

例えば

 

新婚旅行で・・・

妻「ねぇ、あなた、いったいいつになったらこの船はハワイに着くの?」

夫「いいから黙って漕ぎなさい」

 

 

さてみなさん、ここで問題です。

この左側の女性は誰だかわかりますか?

○○○ちゃん(漢字3文字)と呼ばれていましたよ。

 

12月29日

ふるかわひであき

COMMENT









Trackback URL
http://hurukawa.tantant.net/trackback/2786
TRACKBACK