ふるかわひであきが、日頃の出来事をただ淡々と耽々と語ります。ただ淡々と耽々と毎日続けるブログです。くじけた時も、淋しい時も、裏切られても、だまされても、いじめられても、泣かされても、平気な顔して続けます。ブログは歌とカウンセリングとSC便りを超えられるか・・
<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 回想法 22 | main | 回想法 24 >>
回想法 23

蓄音器

録音したものを再生して聞く機械を発明したのはエジソン。

その機械は「蓄音器」として発売された。

「エジソン」の画像検索結果

この人が声や音を録音する機械と、それを再生する機械を発明しなかったら、音楽がこれだけ世界中に広がることはなかっただろう。

 

失敗したわけではない。

それを誤りだと言ってはいけない。

勉強したのだと言いたまえ。

 

エジソンの発明したものは「蓄音器」の他に、白熱電球、活動写真(映画)がある。

蓄音器にしても映画にしても、今の私の大きな楽しみだ。

 

「エジソン」の画像検索結果

そう思うと、この人に感謝、感謝。

いつの世も、人類の幸せに貢献する発明が賞賛される。

だけど、毎日の暮らしの中で小さな発明や発見は結構たくさんある。

家事や子育て、仕事・・・。

そんなふうに暮らしの中に発見や発明を取り入れて行くととても楽しくなる。

これは教育の世界の「発見学習」に通じるものがある。

与えられた学習ではなく、自分で興味を持って答えを見つけて行くのが発見学習。

子育ても仕事も人生も「失敗したわけではない。それを誤りだと言ってはいけない。勉強したのだと言いたまえ」の考えで望みたい。

 

1月15日

ふるかわひであき

COMMENT









Trackback URL
http://hurukawa.tantant.net/trackback/2803
TRACKBACK