ふるかわひであきが、日頃の出来事をただ淡々と耽々と語ります。ただ淡々と耽々と毎日続けるブログです。くじけた時も、淋しい時も、裏切られても、だまされても、いじめられても、泣かされても、平気な顔して続けます。ブログは歌とカウンセリングとSC便りを超えられるか・・
<< April 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 回想法 23 | main | 回想法 25 >>
回想法 24

ステレオセット

昨日紹介した蓄音器はさすがに古すぎて私の家にはなかった。

その代わりステレオセットがあった。

「家具調真空管ステレオセット」の画像検索結果

家具調で真空管が採用されていた。

狭い和室でかなりでかい顔をして君臨していた。

それというのも、両親ともに歌が好きだったからだ。

他の物は多少節約しても、レコードとステレオだけは欠かさなかった。

歌謡曲はもちろん、民謡、演歌、軍歌など、ジャンルはとことん大衆音楽に絞られていた。

もちろん私はその全てを聴いていた。

父親は戦争経験者、しかも軍人だったので軍歌をよく聴いていた。

その横で私も軍歌を聴き、歌った。

わ〜かいちしおのよかれんの〜〜

軍歌からは思想的なことではなく、歌詞やメロディーに多大な影響を受けたように思う。

軍歌はやがて歌謡曲へと変わって行くのだが、歌は回想法の重要アイテムとなる。

1月16日

ふるかわひであき

COMMENT









Trackback URL
http://hurukawa.tantant.net/trackback/2804
TRACKBACK