ふるかわひであきが、日頃の出来事をただ淡々と耽々と語ります。ただ淡々と耽々と毎日続けるブログです。くじけた時も、淋しい時も、裏切られても、だまされても、いじめられても、泣かされても、平気な顔して続けます。ブログは歌とカウンセリングとSC便りを超えられるか・・
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ストレスを考える 8 | main | ストレスを考える 10 >>
ストレスを考える 9

心と体はつながっている

 

<悲しい時の心と身体>

例えば可愛がっていたペットが死んでしまった時、どんなストレス反応が起こるでしょう。

「心」は悲しく沈み込み「なんで死んでしまったの!」と怒りがこみ上げてきたり、楽しいことに目がいかなくなったりします。

「身体」はどんな反応をするでしょうか。涙がポロポロこぼれて止まらない、肩の力ががっくり落ちる、胸が痛む、頭がズキズキするなど、ふだんとは違う状態になります。

 

<嬉しい時の心と身体>

一生懸命描いた絵がコンクールで金賞に選ばれたらどんな反応が起こるでしょう。

「心」はとっても嬉しくて、明るい光がさしたような気持ちになるでしょう。

早く帰って家族にこのことを伝えたくてたまらなくなるでしょう。

「身体」は「やったぁ」と自然に手を広げ、顔はニコニコ笑顔になるでしょう。

帰り道はスキップしているかもしれません。

心も身体もはずんでいるのです。

 

ワーク)

ストレス状態とは、一種の緊張状態です。強い緊張が続くと、筋肉のなかの血管が縮こまって、血液の流れが悪くなり、肩がこります。

また、心が疲れ切っていると、思う通りに身体をコントロールできなくなってしまいます。

あなたの心と体は、今どんな状態でしょうか?

 

肩をぐうっと耳までつくぐらい上げて見て下さい。

 

肩を上げているつもりなのに耳まで届いてないときは、心が疲れているサインかもしれません。ストレスで身体がかたくなっている可能性大です。

 

<今日のポイント>

 

心と体はつながっている

 

 

2月1日

ふるかわひであき

COMMENT









Trackback URL
http://hurukawa.tantant.net/trackback/2820
TRACKBACK