ふるかわひであきが、日頃の出来事をただ淡々と耽々と語ります。ただ淡々と耽々と毎日続けるブログです。くじけた時も、淋しい時も、裏切られても、だまされても、いじめられても、泣かされても、平気な顔して続けます。ブログは歌とカウンセリングとSC便りを超えられるか・・
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 回想法 31 | main | 回想法 33 >>
回想法 32

中村晃子

私の中では石田あゆみ、黛ジュンに並ぶ昭和歌謡ガールズポップス御三家のひとり。

特にこの歌が超超超超お気に入り!

何回このレコードをクルクルクルクル回したことか。

理由は2つある。

まずひとつは作曲者。

出ました小川寛興。

この人の作る曲が大好きだったのです。

え?そんな人知らないって?

仮面の忍者赤影のテーマソングは知ってるでしょ?

え?じゃぁ月光仮面のテーマソングは?

倍賞千恵子の「さよならはダンスの後に」は?

お、それじゃぁ、「花のピュンピュン丸」は?

う〜む、ジェネレーションギャップ!!

 

そしてもうひとつの理由が、映画「進めジャガーズ!敵前上陸」です。

この映画は凄かった。

てんぷくトリオが出ていたぞ。

この映画の中でジャガーズをバックに中村晃子がこの歌を歌っていたのです。

良く覚えていないが、年の離れた姉か兄に連れて行ってもらった記憶がある。

映画館は三条商店街の中に3つあった映画館のどれかだ。

私はまだ小学生の低学年くらいだったが、この映画を見てすぐに母親にすがりつき、いつものように三条商店街の福田レコード店でこのレコードを手に入れたのだ。

小川寛興のメロディはいい!今も大好きだぜ!

しかし、この衣装を見ていると、当時のグループサウンズはみんなビートルズが大好きだったんだなぁとつくづく思います。

 

2月10日

ふるかわひであき

COMMENT









Trackback URL
http://hurukawa.tantant.net/trackback/2829
TRACKBACK