ふるかわひであきが、日頃の出来事をただ淡々と耽々と語ります。ただ淡々と耽々と毎日続けるブログです。くじけた時も、淋しい時も、裏切られても、だまされても、いじめられても、泣かされても、平気な顔して続けます。ブログは歌とカウンセリングとSC便りを超えられるか・・
<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 回想法 34 | main | 2月 >>
回想法 35

ビートルズ

回想法センターでは、全ての展示物に触ることができる。

実際に手に取ることも回想法には大切なこととなる。

回想法センターの展示物はほとんどが寄付によるもので、寄付してもらう時に回想法の趣旨を説明し、誰でも触れるようにするので、破損したら廃棄することの了承を得ているそうだ。

私もさっそくレコードを手に取った。

私の持っているビートルズのレコードはほとんどLPレコードなので、シングル盤の存在自体が珍しい。

中を開けたら、見開きでメンバーの紹介が掲載されていた。

名前がカタカナで書かれているのがおもしろいな。

クレジットに(コーラス)ビートルズと書いてあるぞ。

確かに初期のビートルズの曲のほとんどがみんなで一緒に、違うパートをハモりながら歌っているから、コーラスに違いない。

私の頭の中で「プリーズミスターポストマン」が回りだした。

イントロはリンゴのドラムだ。

続いてジョンのボーカルにポールのベースが追いかけてくる。

そしてジョンの歌に合わせて、ポールとジョージがコーラスを重ねてくる。

私の頭の中で中学時代の自分がぐるぐると回りだし、回想法が始まる。

ビートルズの歌があの頃の空気や匂いの感覚も連れてくるから不思議だ。

あぁ、あの頃のみんなは今頃どうしているんだろうなぁ・・・。

 

2月20日

ふるかわひであき

COMMENT









Trackback URL
http://hurukawa.tantant.net/trackback/2839
TRACKBACK