ふるかわひであきが、日頃の出来事をただ淡々と耽々と語ります。ただ淡々と耽々と毎日続けるブログです。くじけた時も、淋しい時も、裏切られても、だまされても、いじめられても、泣かされても、平気な顔して続けます。ブログは歌とカウンセリングとSC便りを超えられるか・・
<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 大人のいじめ | main | 猫の日 2 >>
猫の日

2月22日

私の車のカーナビは、朝エンジンをかけた時に、今日は何の日か教えてくれる。

365日必ず何かの記念日が設定されている。

人間は記念日が大好きな生きものなのだ。

人間以外に記念日を設ける生きものを他に知らない。

公園で誕生祝いのパーティーをしている野良猫の集まりなど見たことない。

もっとも人間が分からないだけで、秘密裏にパーティーが催されているかも知れない。

それはなかなか素敵なことだ。

是非参加させて欲しいものだ。

プレゼントは何がいいだろう。

またたびと鰹節のセットなんかが喜ばれるかもしれない。

猫は自分達の記念日などお構いなしに自由に生きているが、人間はわざわざ猫の日を猫達の了解なしに設定し盛り上がる。

なんで2月22日なのだろうかと思って調べると222でニャンニャンニャンなのだそうだ。

それなら別にニンニンニンで忍者の日でも良いではないか。

1年間に殺処分される猫の数は約4万5千匹。

犬の5倍近く殺処分されている。

よく考えたら途方もない数だ。

この前流行した豚コレラでは1万6千頭の豚が殺処分された。

1頭ずつ注射して殺すのだそうだが、おもに獣医や大学の獣医学部の学生がこれにあたるそうだ。

豚の最大の死亡原因はコレラの感染ではなく人間に殺されることだろう。

人間は他の動物にとても残忍な一面を持ち、猫の日を設けて保護する優しい一面も持っているからややこしい生きものだ。

今日もブログを読んでいただきありがとうございます。

2月27日

ふるかわひであき

COMMENT









Trackback URL
http://hurukawa.tantant.net/trackback/2846
TRACKBACK