ふるかわひであきが、日頃の出来事をただ淡々と耽々と語ります。ただ淡々と耽々と毎日続けるブログです。くじけた時も、淋しい時も、裏切られても、だまされても、いじめられても、泣かされても、平気な顔して続けます。ブログは歌とカウンセリングとSC便りを超えられるか・・
<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 猫の日 2 | main | パレード >>
猫の日 3

続き

チュミーの思い出は尽きない。

これも回想法なのかもしれない。

そんなことを思いながら昼休みにふと見ると・・・。

塀の上で猫がこっちを見ていた。

私が猫を観察しているのか、猫が私を観察しているのかよくわからなくなった。

 

こっちにきたらいいのになと思うと、猫は首を横に振った。

むやみに人を信用してはいけないことを学習しているのだろう。

 

昔は猫は放し飼いが普通で、気が向いたら家に帰って来たし、何日も帰らなかったり、エサだけ食べにきたり、御近所では同じ猫に関る人の数だけ猫に名前が付いていた。

 

「ミーちゃん」「たま」「ブチ」「ミケ」

 

猫は相手を見て対応を変える。

危険な相手には決して近寄らない。

 

猫は気まぐれだと言うが、人間の方がよっぽど気まぐれじゃないか。

猫の日を設定したり、何万匹も殺したり・・・。

 

あぁ、またいつか猫を飼いたいなぁと夢想する2月22日だった。

 

今日もブログを読んでくれてありがとう。

3月1日

ふるかわひであき

COMMENT









Trackback URL
http://hurukawa.tantant.net/trackback/2848
TRACKBACK