ふるかわひであきが、日頃の出来事をただ淡々と耽々と語ります。ただ淡々と耽々と毎日続けるブログです。くじけた時も、淋しい時も、裏切られても、だまされても、いじめられても、泣かされても、平気な顔して続けます。ブログは歌とカウンセリングとSC便りを超えられるか・・
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 怒りが止まらない世の中 | main | 怒る人と我慢できる人 >>
まだまだ怒りが止まらない世の中

教師が生徒に殴られて・・・

 

生徒に暴力を振るわれ、鼻の骨を折られた先生が「学校が安全な職場環境を整える義務を怠った」として、慰謝料など920万円の損害賠償を学校に求める訴訟を起こした。

 

怒りを持った生徒は先生を殴り、そのことに怒りを覚えた先生が学校を訴える。

 

まさに泥仕合の様相。

 

怒りは怒りを呼ぶというお釈迦様の言葉通りだ。

 

世の中には怒りが溢れている。

 

先日も電車に乗っていて、とある大きな駅に着いた。

 

ドアが開き、降りる人がいなくなると、ド〜ッと人が入ってきて、我先に空席を探し、椅子取りゲームみたいになった。

 

ひとりの男性が右側の椅子に座ろうとした時、左側に座ろうとしていた若い女性が急に進路を変えて、右側の、男性が座ろうとしていた席に座った。

 

それを見たこの男性が激怒した。

 

「なんで急にこっちに座るんじゃ!ボケかお前は!」

 

女性はあわてて別の車両に移動した。

 

賢明な行動だと思った。

 

女性が別の車両に移った後も、この男性はまだぶつぶつと独り言で怒っていた。

 

「なんで急にこっちにくるんじゃ!ボケが!殺すぞほんまに!ボケが!」

 

周りにいた人みんなが気分を害した。

 

その場にいた人達はみんな男性には構わなかった。

 

みんな賢い。

 

もし、この怒る男性と同じレベルの人がいたら、きっとこの男性とケンカになっていただろう。

 

しかし、なんですぐに怒る人と、そうでない人がいるんだろう・・・。

 

今日もブログを読んでくれてありがとう。

3月6日

ふるかわひであき

COMMENT









Trackback URL
http://hurukawa.tantant.net/trackback/2854
TRACKBACK