ふるかわひであきが、日頃の出来事をただ淡々と耽々と語ります。ただ淡々と耽々と毎日続けるブログです。くじけた時も、淋しい時も、裏切られても、だまされても、いじめられても、泣かされても、平気な顔して続けます。ブログは歌とカウンセリングとSC便りを超えられるか・・
<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 自分の中の短気 | main | 怒りと虐待 >>
自分を知る

癇癪

自分は遺伝的に短気なんだ、癇癪持ちなんだということを知っているだけでも怒りをコントロールできる。

 

人間、怒ってしまうと20分は手を付けられない。

 

怒りという感情は末梢神経を刺激する。

 

そうなると、暴言、暴力、器物破損など、ありとあらゆる攻撃行動が出てくる。

 

血圧は上がり、心拍数も上がる。

 

血糖値もあがり、呼吸は荒くなり、手に汗をかく。

 

つまり、怒りは相手を攻撃する態勢を身体が整えた状態になる。

 

そうなると人間の行動は二つに一つ。

 

闘争(戦う)か逃走(逃げる)か。

 

どういう場合に闘争になるかというと、たいがいは自分と力が同等か、同等以下の相手との争い。

 

勝てる自信、あるいは、勝てる確率が50%以上はあると判断するから怒るのだ。

 

そりゃそうだろう。

 

いくら腕に自信があるといっても、プロボクサーと本気で戦う人などいない。(但し、知的能力や精神に障害のない場合のみ)

 

(次回は怒りと虐待・・・)

 

今日もブログを読んでくれてありがとう。

3月10日

ふるかわひであき

COMMENT









Trackback URL
http://hurukawa.tantant.net/trackback/2858
TRACKBACK