ふるかわひであきが、日頃の出来事をただ淡々と耽々と語ります。ただ淡々と耽々と毎日続けるブログです。くじけた時も、淋しい時も、裏切られても、だまされても、いじめられても、泣かされても、平気な顔して続けます。ブログは歌とカウンセリングとSC便りを超えられるか・・
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< なんか腹立つお菓子 | main | きんきん金魚の >>
日の丸

国旗掲揚

いつものように学校へ行くと国旗が校門に掲げられていた。

 

う〜ん、なんでかな?

 

卒業式にはまだ早い。

 

元号はまだ変わっていない。

 

まさか俺が来るのを祝って・・・なわけがない。

 

なんやろなぁ・・・。

 

みなさんもちょっと考えて見て下さい。

 

ヒント・・・この日は平成31年の3月11日でした。

 

さて、いくら考えてもわからない無知な私は、さっそく教頭先生に聞いてみた。

 

そしたら、答えは3.11。

 

そう、8年前の大災害の追悼の意味だった。

 

なんで御めでたい日ではないのに国旗なのか・・・。

 

国旗をよく見てみると・・・

 

 

国旗の上部に黒いリボンみたいなものがはためいている。

 

国旗に黒の紋章は、追悼の意味を表わすのだそうだ。

 

なるほど・・・。

 

もちろんこの日を忘れていたわけではない。

 

だけどやっぱり自分の中での重さが変化していることは否定できない。

 

被害にあった人達の苦しみはずっと続いているに違いない。

 

あの日の悲しみが癒えない人もたくさんおられる。

 

反省することしきりなんだけれど、この忘却する力が人間には大切なのかもしれない。

 

心に喪服を着てもう一度国旗を見上げた。

 

今日もブログを読んでくれてありがとう。

3月22日

ふるかわひであき

COMMENT









Trackback URL
http://hurukawa.tantant.net/trackback/2870
TRACKBACK