ふるかわひであきが、日頃の出来事をただ淡々と耽々と語ります。ただ淡々と耽々と毎日続けるブログです。くじけた時も、淋しい時も、裏切られても、だまされても、いじめられても、泣かされても、平気な顔して続けます。ブログは歌とカウンセリングとSC便りを超えられるか・・
<< April 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< インスタ映え | main | スピルオーバー >>
共感疲労

つながり

 

自分が人にどう見られているのかを、人はとても気にする。

 

特に日本人はその傾向が強いようだ。

 

要するに他者に気遣いされたい。

 

気遣いしてもらえないが、人に嫌われたくない臆病な人は、そんなうっぷんを匿名の意見の連発で解消する。

 

その内容はとても辛辣だ。

 

2チャネルや記事のコメントはそんな投稿であふれている。

 

匿名の投稿する人達は、コメント内容に比例して、実生活でも恐ろしい形相のとんでもない人・・・とは限らない。

 

そんな人に限って、実生活では品行方正で礼儀正く、道徳的な人も多い。

 

先日虐待されて殺された女児の、犯人の父親は近所や会社ではとても良い人だったと報じられている。

 

事件があると、その報道でよくあることだ。

 

普段はまじめで大人しいひとだった・・・。

 

つまり、人間は表の顔と裏の顔を持っているということ。

 

自分が他者のインスタグラムに「いいね」をする時に、自分の中で「ちっ、面倒くさいな。けど、いつも(いいね!)をもらっているから返さないとな」という心があるように、自分に「いいね!」をくれる人の心の中にも、そんな裏の顔が潜んでいる。

 

さくらが散って行くのが淋しいなぁ。

4月12日

ふるかわひであき

COMMENT









Trackback URL
http://hurukawa.tantant.net/trackback/2891
TRACKBACK