ふるかわひであきが、日頃の出来事をただ淡々と耽々と語ります。ただ淡々と耽々と毎日続けるブログです。くじけた時も、淋しい時も、裏切られても、だまされても、いじめられても、泣かされても、平気な顔して続けます。ブログは歌とカウンセリングとSC便りを超えられるか・・
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 完全犯罪 2 | main | 完全犯罪 4 >>
完全犯罪 3

生きものとして

 

自分の精子を女性の卵子に受精させて出産させる・・・。

 

しかも犯行声明は出産後に行われている。

 

産んでしまったからには、もう後戻りできない。

 

望まぬ出産・・・になるのだろうか。

 

出産するまでは、まさか他人の精子で妊娠しているとは知らなかっただろうから、防ぎようがない。

 

また、これは強姦にはあたらない。

 

無理やり性交渉に及んだわけではない。

 

レイプの被害者であれば産まない選択もできるが、この事件ではそれも無理。

 

生まれて来た赤ちゃんには罪はない。

 

その子が大きくなって自分の出生の事実を知った時、どんなことになるのか想像もつかない。

 

しかし、なんでこんなことをするのだろう。

 

犯行の動機が知りたい。

 

と思うのだが、この事件は男性と女性でかなり意見が変わる可能性がある。

 

今日も読んで頂きありがとうございます。

4月21日

ふるかわひであき

COMMENT









Trackback URL
http://hurukawa.tantant.net/trackback/2900
TRACKBACK