ふるかわひであきが、日頃の出来事をただ淡々と耽々と語ります。ただ淡々と耽々と毎日続けるブログです。くじけた時も、淋しい時も、裏切られても、だまされても、いじめられても、泣かされても、平気な顔して続けます。ブログは歌とカウンセリングとSC便りを超えられるか・・
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 完全犯罪 3 | main | 完全犯罪 5 >>
完全犯罪 4

オランダ

 

オランダの不妊治療クリニックの男性医師が、患者に無断で自分の精子を使って体外受精をし、49人の子どもと親子関係にあることが判明した。12日に公表されたDNA鑑定の結果で明らかになった。

 

 

しかも、この医師はすでに死亡している。

 

産まれた子どもの目の色に違和感を持った母親の訴えで事実が明らかになったようだ。

 

完全犯罪。

 

ここで問題なのは犯行の動機。

 

なんでこんなことをするのか・・・。

 

答えは簡単だ。

 

人間は自分の遺伝子を残すために、つまり、絶滅しないために、常に自分のクローンを再生しながら生きてきた。

 

このシステムは今後も変えようがない。

 

つまり、生きものとして、全てのオスは自分の遺伝子を残したいと思っているのだ。

 

倫理、道徳的な観念がそれをうまくごまかしているが、人の性欲は尋常ではない。

 

そのことは遥か昔にフロイトが解き明かしている。

 

その名は「リビドー」

 

全員とは言わないが、男性の多くは自分の精子を受精させた医師の気持ちを完全否定できない。

 

新緑の季節ですね〜。

4月22日

ふるかわひであき

COMMENT









Trackback URL
http://hurukawa.tantant.net/trackback/2901
TRACKBACK