ふるかわひであきが、日頃の出来事をただ淡々と耽々と語ります。ただ淡々と耽々と毎日続けるブログです。くじけた時も、淋しい時も、裏切られても、だまされても、いじめられても、泣かされても、平気な顔して続けます。ブログは歌とカウンセリングとSC便りを超えられるか・・
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 暮らしに役立つ社会心理学 2 | main | 暮らしに役立つ社会心理学 4 >>
暮らしに役立つ社会心理学 3

群集心理

 

人が集団になった時のこころの状態を「群集心理」と言います。

 

群集心理はいくつかのカテゴリーに分類できます。

 

例えば、何か作業や仕事をする時に、ひとりで作業を行うよりも、集団の中で作業を行う方が作業能率が上がります。

 

皆さんもそんな経験ありませんか?

 

ひとりで黙々と仕事するよりも、みんなで仕事をした方がはかどることがありますね。

 

それを「社会的促進」と言います。

 

社会というのは、人と人との関係だと思って下さい。

 

これとは逆に、仕事や作業によっては、みんなで仕事をやると、責任が分散されることで作業能率が低下することもあります。

 

私がやらなくても誰かがやってくれるだろうと思ってしまうこともありますね。

 

自分ばっかり働くのはバカらしいと思うこともあるかもしれません。

 

このように、みんなで仕事をすると、逆に作業能率が下がることを「社会的手抜き」と言います。

 

今日もブログを読んでいただき、ありがとうございます。

5月21日

ふるかわひであき

COMMENT









Trackback URL
http://hurukawa.tantant.net/trackback/2931
TRACKBACK