ふるかわひであきが、日頃の出来事をただ淡々と耽々と語ります。ただ淡々と耽々と毎日続けるブログです。くじけた時も、淋しい時も、裏切られても、だまされても、いじめられても、泣かされても、平気な顔して続けます。ブログは歌とカウンセリングとSC便りを超えられるか・・
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 親の苦労 | main | 心と環境 >>
子の苦労

なんで私を生んだの?

 

NHKのドキュメンタリー番組「マンホール・チルドレン」をご覧になられた方も多いと思う。

 

今から20年前に初放送された。

 

舞台はモンゴルのウランバートル。

 

旧ソビエト連邦に経済援助を受けていたモンゴルだが、ソビエトが崩壊し、経済不況が深刻化した。

 

失業率は高く、仕事がなく彷徨う家族が街中にあふれた。

 

モンゴルと言えばのどかな草原で遊牧をしながら暮らす人々を想像する。

 

しかし、異常気象の影響か、寒さで家畜が次々に死んで行き、暮らしに困る遊牧民の多くが街に流れ込んだ。

 

それでなくとも仕事がなく、住宅事情も悪い街に遊牧民の人々までもが殺到し、とたんに暮らしに困りだした。

 

すぐに影響が出るのは子育て。

 

お金も食べ物もないから、みんな子どもを育てられない。

 

その結果、家を追い出されたり、居場所を失くしたりした子どもが街中に溢れだした。

 

モンゴルの夜は零下40度。

 

へたをすれば凍死する。

 

そこで子ども達は、温かい配管ダクトがあるマンホールの中の地下に集まりだした。

 

「マンホールチルドレン」の画像検索結果

 

その数、4千人。

 

今日もブログを読んで頂き、ありがとうございます。

6月11日

ふるかわひであき

 

COMMENT









Trackback URL
http://hurukawa.tantant.net/trackback/2953
TRACKBACK