ふるかわひであきが、日頃の出来事をただ淡々と耽々と語ります。ただ淡々と耽々と毎日続けるブログです。くじけた時も、淋しい時も、裏切られても、だまされても、いじめられても、泣かされても、平気な顔して続けます。ブログは歌とカウンセリングとSC便りを超えられるか・・
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 事件 | main | 犯人はこの後どうなるのか >>
精神障害者を考える

医療観察法

 

心神喪失者や心神耗弱者に関する「医療観察法」の目的は、精神疾患を抱える人達の罪を単に軽くするだけではない。

 

刑法を犯した精神障害者は触法精神障害者と定義される。

 

この法律は触法精神障害者の

”他改善

∈独防止

社会復帰促進

を目的としている。

 

罪を見逃すのではなく、しっかり治療させて、再犯を防止することが大きな目的と言える。

 

触法精神障害者が医療観察法の適応を受ける犯罪は次の5つに限られている。

 

―害事件

∋人事件

J火

ざ盗

ザ姦および強制わいせつ

(,僚害以外は未遂も含める)

 

ということは、恐喝や脅迫、万引きなどの罪に関しては問われるということだ。

 

今日もブログに来て頂き、ありがとうございます。

6月28日

ふるかわひであき

 

 

COMMENT









Trackback URL
http://hurukawa.tantant.net/trackback/2970
TRACKBACK