ふるかわひであきが、日頃の出来事をただ淡々と耽々と語ります。ただ淡々と耽々と毎日続けるブログです。くじけた時も、淋しい時も、裏切られても、だまされても、いじめられても、泣かされても、平気な顔して続けます。ブログは歌とカウンセリングとSC便りを超えられるか・・
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 洋食 | main | ちゃんぽん >>
今年は私の誕生日

土用の丑の日

 

「土用」は立夏・立秋・立冬・立春直前の約18日間の「期間」を示す言葉です。


そして、昔の暦では日にちを十二支(子・丑・寅・卯…)で数えていました。

 

つまり”土用の丑の日”とは、土用の期間におとずれる丑の日の事を指しているのです。

 

土用は毎年違うので、土用の丑の日も毎年変わります。

 

今年の土用の丑の日は7月27日。

つまり私の誕生日でもあります。

 

さらに、土用の丑の日といえば夏のイメージが強いかもしれませんが、下記にある通り年に何回かやってきます。


立夏・立秋・立冬・立春それぞれに土用があるので、納得ですね。

 

いずれにしても、土用の丑の日は「季節の変わり目」といえます。


ちなみに、土用の丑の日と土曜日とは関係がありません。

 

今年の土用の丑の日は7月27日。

つまり私の誕生日でもあります。

 

ウナギを食べる習慣が一般にも広まったのは1700年代後半、江戸時代でした。


一説によれば「夏に売り上げが落ちる」と鰻屋から相談を受けた蘭学者の平賀源内が、店先に

 

「本日丑の日」
土用の丑の日うなぎの日
食すれば夏負けすることなし

という看板を立てたら大繁盛したことで、ほかのウナギ屋もマネするようになったとか。


この「本日丑の日」は、日本初のコピーライティングともいわれています。

 

今年の土用の丑の日は7月27日。

つまり私の誕生日でもあります。

 

 

鰻は大好物です。

 

土用の丑の日には鰻を食べましょう。

 

今年の土用の丑の日は7月27日。

つまり私の誕生日でもあります。

 

私は何も7月27日が丑の日だということにかこづけて、誕生日に何かもらおうなんてさもしい心で書いているのですよ。

 

今日もブログを読んで頂きありがとうございます。

7月4日

ふるかわひであき

COMMENT









Trackback URL
http://hurukawa.tantant.net/trackback/2976
TRACKBACK