ふるかわひであきが、日頃の出来事をただ淡々と耽々と語ります。ただ淡々と耽々と毎日続けるブログです。くじけた時も、淋しい時も、裏切られても、だまされても、いじめられても、泣かされても、平気な顔して続けます。ブログは歌とカウンセリングとSC便りを超えられるか・・
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< うつ病を考える 4 | main | うつ病を考える 6 >>
うつ病を考える 5

うつ病になりやすい性格

 

うつ病になりやすい性格を「病前性格」と言います。

 

病前性格で多いのはテレンバッハという人が提唱した「メランコリー親和型性格」と、日本の下田光造が提唱した「執着気質」が多いとされています。

 

メランコリー親和型性格は「几帳面」「完璧主義」「過剰な人への気配り

 

執着気質は「几帳面」「凝り性」「熱中性」「責任感

 

こうして見ると、やっぱり仕事にまじめで誠実な人の方がうつ病になりやすそうですね。

 

うつ病のきっかけとして、失職や災害、親しい人の死などの悲しいショックな出来事のほか、昇進や結婚、出産といった嬉しい出来事が重なることなど、人生の大きな変化が起きることが関連しているといわれています。

 

こうして考えると、人は真ん中くらいがちょうど良いのかもしれませんね。

 

凄く幸せになったり、凄く不幸になったりしたらうつ病になる可能性が高くなるのですから。

 

地味に毎日タダタンタント暮らすのが一番いいです。

 

なんか誰かの下手な歌の歌詞みたいになってしまいました。

 

今日もブログを読んでくださり、ありがとうございます。

7月11日

ふるかわひであき

COMMENT









Trackback URL
http://hurukawa.tantant.net/trackback/2983
TRACKBACK