ふるかわひであきが、日頃の出来事をただ淡々と耽々と語ります。ただ淡々と耽々と毎日続けるブログです。くじけた時も、淋しい時も、裏切られても、だまされても、いじめられても、泣かされても、平気な顔して続けます。ブログは歌とカウンセリングとSC便りを超えられるか・・
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< うつ病を考える 8 | main | うつ病を考える 10 >>
うつ病を考える 9

他にもいろいろありまして

 

<月経前不快気分障害>

 

女性特有の気分障害ですね。これもうつの仲間に入ります。

 

ほとんどの月経周期において、月経前の1週間で少なくとも5つの症状がみられます。

 

月経開始後〜終了後には軽快するか消失していきます。

 

症状としては、著しい感情不安定性、著しいいらだたしさや怒り、著しい抑うつ気分や絶望感、著しい不安や緊張などが1つ以上存在します。

 

また、興味の減退、集中困難、倦怠感や疲労感、食欲の激しい変化、過眠か不眠、制御不能感、その他痛みや膨張しているなどの身体症状の症状も1つ以上あり、全て足し合わせると5つ以上の症状があるものをいいます。

 

さらっと書きましたが、これはなかなか凄いことですね。

 

女性は毎月こんなふうな症状と戦ってらっしゃるのです。

 

男性はもっと月経中の女性を理解し、労わりましょう。

 

そうなのです!あなたの奥さまのそのイライラも月経前不快気分障害かもしれないのです。

 

もちろんあなたが原因かもしれません。

 

だけど、月経前はこんなふうに気分の障害と戦い、生理痛とも戦い、あなたの給料の安さとも戦い、生意気な子どもの暴言とも戦い、パート先での人間関係とも戦い、むかつく姑とも戦い、それでも毎日お弁当を作り続ける女性は偉い!

 

だから奥さまがお家でイライラしていても、これは月経前不快気分障害のせいなんだなと思って優しく優しく包みこんであげてくださいね。

 

なんですって?月経前に関らず、年がら年中奥さまの御機嫌が悪いって?

 

それはやっぱりあなたのせいかもしれません(^v^)

 

今日もブログを読んでいただき、ありがとうございます。

7月15日

ふるかわひであき

COMMENT









Trackback URL
http://hurukawa.tantant.net/trackback/2987
TRACKBACK