ふるかわひであきが、日頃の出来事をただ淡々と耽々と語ります。ただ淡々と耽々と毎日続けるブログです。くじけた時も、淋しい時も、裏切られても、だまされても、いじめられても、泣かされても、平気な顔して続けます。ブログは歌とカウンセリングとSC便りを超えられるか・・
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< うつ病を考える 10 | main | 終い仕度 >>
ボクシング

村田 諒太選手

 

村田 諒太(むらた りょうた、1986年1月12日 - )は、日本プロボクサーロンドンオリンピックミドル級金メダリスト奈良県奈良市出身。帝拳ボクシングジム所属。現WBA世界ミドル級王者。日本人ボクサーとして竹原慎二以来2人目のミドル級世界王者であり、オリンピックメダリストとしては日本人初の世界王者である。 血液型AB型。 南京都高等学校に進学、高校初戦は黒星スタートであったが徐々に頭角を現し、高校2年時で選抜・総体・国体の高校3冠を達成。また3年時でも選抜と総体を制して高校5冠を達成。(Wikipediaより引用)

 

引用文にある「南京都高等学校」は、現在「廣学館高等学校」と名称変更しています。

 

京都の方はよくご存知かと思いますが、南京都高校と言えば、やんちゃな子がたくさん集まる高校で、南京都をもじって「なんきん」と言われていました。

 

今は進学校に生まれ変わり、当時の面影はかけらもなく、みんなまじめそうな生徒ばかりです。

 

南京都の時代から勤めていらっしゃる先生もおられますが、世間の「やんちゃななんきん」との噂とは裏腹に、とても熱い指導がなされていたようです。

 

村田選手はそんな熱い情熱指導の中で育った選手と言えますね。

 

時間があれば廣学館高校にも来てくれます。

 

母校があって、そこに凱旋して、恩返しをして・・・。

 

もちろんそれは成功を収めたほんの一部の人間にしか許されないことです。

 

だけど、自慢できる母校があるというのは幸せなことだと思うなぁ。

 

もちろん学校によ良い思い出を持っている人ばかりでないことも理解しています。

 

学校のことなど思い出したくもない人もおられるでしょう。

 

だけど、学校というものに、ほんの小さくても、ひとつでもふたつでも良い思い出を持っている人は幸せなんだと思います。

 

目立たないけど、苦しさと戦いながら一生懸命がんばって登校している子ども達が、将来自慢できる学校がいっぱいできればいいなぁ。

 

いつもブログをお読みいただき、ありがとうございます。

7月17日

ふるかわひであき

COMMENT









Trackback URL
http://hurukawa.tantant.net/trackback/2989
TRACKBACK