ふるかわひであきが、日頃の出来事をただ淡々と耽々と語ります。ただ淡々と耽々と毎日続けるブログです。くじけた時も、淋しい時も、裏切られても、だまされても、いじめられても、泣かされても、平気な顔して続けます。ブログは歌とカウンセリングとSC便りを超えられるか・・
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ひらパー | main | 熱中症 >>
トレードマーク

アゴ

 

アゴは私のトレードマークであり、また弱点でもあります。

 

なんでかというと、顎関節炎になりやすいのです。

 

しゃくれているから顎関節炎になりやすいのかどうかはわかりませんが、口を開け閉めするとカチカチとクリック音がして、ひどく痛む時もあるので厄介です。

 

先日、重い荷物を持って長距離を歩かなければならず(10キロくらい歩いたかな)、ちょっとしんどいなぁと思っていたら案の定その夜に肩からアゴにかけて激痛が走りました。

 

痛くて一晩中眠れませんでした。

 

ぎっくり腰経験者の方には分かっていただけると思いますが、ぎっくり腰のあの痛みがアゴに来たと思って頂いたら結構です。

 

翌朝、寝不足の目をこすりながらかかりつけの病院に行きました。

 

診察科は整形外科。

 

今回は顎関節炎でないことは明らかなんで、最初から整形に行きました。

 

ちなみに顎関節炎は形成外科か口腔外科になります。

 

お医者さんに事情を話すと、なんどもうなづきながらじっと話を聞いて下さいました。

 

医師:「それは痛くて大変でしたね。ところでアゴが痛くなってからアゴが出てきたんですか?」

 

私:「いえ、もともと出てるんです」

 

医師:「そうですか、アゴが痛み出してから急にアゴが飛び出してきたということではないのですね」

 

私:「はぁ、そんな人やはるんですか?」

 

医師:「アゴが痛み出してから何ミリがアゴが突き出たということはありませんか?」

 

私:「生まれつきですからずっとこんなもんやと思ってるんですけど、そんなに出てますか?」

 

医師:「いや、もともとのあなたのアゴを知らないもんで」

 

私:「だからもともとこんなアゴなんです。私のアゴはそんなに異常ですかね」

 

医師:「いや、異常というか、痛みと共にこの状態になったのなら相当なんだかなと思いましてね」

 

う〜ん、相当なんだかてなんなんだろう。

 

真剣に診察しているのか、私をからかっているのかよくわからない診察でしたが、処方された薬を飲んだら痛みが引いたので、この先生の見立ては間違っていなかったのでしょう。

 

それにしても、痛み出してから急にアゴが飛び出すて・・・想像したら笑えてきました。

 

今日もブログをお読み下さり、ありがとうございます。

8月4日

ふるかわひであき

COMMENT









Trackback URL
http://hurukawa.tantant.net/trackback/3007
TRACKBACK