ふるかわひであきが、日頃の出来事をただ淡々と耽々と語ります。ただ淡々と耽々と毎日続けるブログです。くじけた時も、淋しい時も、裏切られても、だまされても、いじめられても、泣かされても、平気な顔して続けます。ブログは歌とカウンセリングとSC便りを超えられるか・・
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 先生見ててね 2 | main | 先生見ててね 4 >>
先生見ててね 3

細胞

 

さて、私達は60兆個の細胞でできているのですが、その細胞のひとつひとつの中に「核」が入っています。

 

ぶどうの実で言えば、果肉の中に必ずひとつ種が入っているイメージですね。

 

その核の中には46本の染色体があります。

 

この染色体は棒のような形をしています。

 

この棒のような形のものは人間の作った色素によく染まるので「染色体」と名付けられましたが、棒だと思って下さい。

 

「巻物」の画像検索結果

この棒は巻物のようなものだと思って下さい。

 

人間はこの巻物をひとつの核の中に46本持っています。

 

23本はお父さんから、23本はお母さんからもらいます。

 

「巻物」の画像検索結果

 

この染色体という巻物をこんな感じでくるくるくるくると開いて行くと・・・

 

ひも状のらせん構造をしたDNAが出てきます。

 

この図が分かりやすいかな・・・

 

 

 

一番右の(DNAの模式図)が巻物を開いた状態だと思って下さい。

 

人間の遺伝子は2万2千個あります。

 

つまり46本の染色体の中に2万2千個ずつの遺伝子が入っているわけで、その総延長はなんと約1200億キロで、地球を300万周できるんです。

 

なんだか久しぶりに「日曜寺子屋家族塾」をしている気分です。

 

今日もブログをお読み下さり、ありがとうございます。

8月8日

ふるかわひであき

COMMENT









Trackback URL
http://hurukawa.tantant.net/trackback/3011
TRACKBACK