ふるかわひであきが、日頃の出来事をただ淡々と耽々と語ります。ただ淡々と耽々と毎日続けるブログです。くじけた時も、淋しい時も、裏切られても、だまされても、いじめられても、泣かされても、平気な顔して続けます。ブログは歌とカウンセリングとSC便りを超えられるか・・
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< コメント | main | 朝の風景 2 >>
朝の風景

先輩、後輩

 

駅で電車を待っていると、ホームのベンチにいかにも運動部で〜すと言う感じの、はじける若さいっぱい中学生女子がラケットを片手に座っていた。

 

私は彼女の真向かいのベンチに座った。

 

ほどなく、ラケットを持った女子中学生が二人、ホームにあらわれた。

 

一人が彼女に気付き、手を振る。

 

「せんぱ〜い、おはようございます!」

 

彼女は笑顔でそれに応える。

 

彼女は二人の後輩を手招きする。

 

「え〜、先輩と同じところに座ってもいいんですか?」

 

彼女は笑顔で大きくうなづく。

 

そこから女子中学生先輩後輩トーク炸裂。

 

箸がこけてもおかしい年頃というのは本当だ。

 

なんでそんなつまらないことでケラケラと笑えるのだろう。

 

さて、私が感心したのはこの3人の対話の形である。

 

3人トークは難しい。

 

どうしても2対1になりがち。

 

それをこの彼女(先輩)は見事に取り仕切る。

 

後輩二人に実に平等に話を振っている。

 

しかも、自分だけがしゃべるのではなく、後輩2人それぞれに、ちゃんと意見や感想を話させている。

 

私が感心していると、あともう二人、ラケットを抱えた女子中学生がホームに来た。

 

(続く)

 

今日もブログを読んで下さり、ありがとうございます。

8月22日

ふるかわひであき

COMMENT









Trackback URL
http://hurukawa.tantant.net/trackback/3025
TRACKBACK